牛丼チェーン「高級化」アベノミクス効果か?ロース豚丼480円、生姜だし牛めし450円

印刷

   早い安い食べ物の象徴である牛丼チェーンが続々と「高級丼」を発売している。牛丼並が280円の吉野家がロース豚丼480円を新発売すれば、松屋も生姜だし牛めし450円といった具合だ。これもアベノミクス効果か。

いままでが安すぎた!

   「これらの価格でヒットすれば景気は回復したといえる」(経済アナリストの森永卓郎)との見立てが紹介されたが、司会の小倉智昭は「森永さんの言ってることアマいと思うよ」と言うと、憤然として持論を展開した。

景気回復の兆し
「コレ、高級丼って、いつも牛丼食べてる人には高級に感じるかもわからない。でも450円で街のそば屋(立ち食い以外)でナニ食える?(かけそばも食えない)」「これ(450円)がアベノミクス効果の現れだなんて、おかしいでしょ!イマまでが安すぎたんですよ、牛丼屋が! だからデフレになったんですよ!」

   常々、(外食産業の)値下げ競争は自縄自縛だとの意見を表明してきた小倉にとっては、1食450円などはまだまだ安すぎて論外のようではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中