台風より先に来た「特別警報豪雨・竜巻」なぜ?勢力増しながら最盛期に日本上陸

印刷
「台風が来るのは明日とばかり思っていたら、先に突風が来た」

   日本列島を縦断した台風18号の特徴は、台風そのものよりも台風が上陸する前に襲ってきた大雨と突風だった。なぜこのような現象が起きたのか。鈴木勝博気象予報士によると、これまで台風は衰退期に日本に接近して上陸するケースが多かったが、18号はもっとも勢力が強まる最盛期に接近し上陸したため被害が広がったという。

熱夏で風呂並みの列島周辺海水温

   18号が南海上で発生したのは13日午前3時ごろ(2013年9月)。この時の中心気圧は1000ヘクトパスカルだったが、北上するにつれ発達して、紀伊半島沖に達した16日午前3時ごろには970ヘクトパスカル、愛知県豊橋市に上陸した午前7時ごろには965hヘクトパスカルと勢力を増していた。

   発達を強めた原因は今夏の異常な暑さが海水温を高め、27度以上の海水域が日本近海まで迫っているためらしい。湿ったあたかい空気が発生して、台風より先に日本列島に流れ込み、1日半にわたって記録的な豪雨をもたらした。この空気は積乱雲を発生させ、埼玉県熊谷市や群馬県みどり市などを突風が襲った。

   舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)「温暖化対策がいわれ続けてきたのに対応が遅れ慣れてしまったのでしょうか。地球規模で対策を練らないとダメなんじゃないか」

   宮田佳代子(元ニュース司会者)「まさに災害列島。被災地がどんどん増え続けていく。これからそれが当り前になるのがすごく不安です」

   ゲリラ豪雨や集中豪雨で始まった今夏の災害、これだけ不安が増幅している温暖化対策に関して、石原伸晃環境相は動きが鈍くパッとしない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中