2018年 7月 24日 (火)

ネットのデマ氾濫に悩む中国!バレたら「懲役刑」

印刷

   とかくネットは、ウソとデマとバカが多い――。これは最近ワイドショーで流行りの定番テーゼであるが、けさ20日(2013年9月)はそのなかのデマが取り上げられた。

私のデマも多い

   お隣中国もデマに悩み、デマを流すと「懲役刑!」(番組キャプション)だそうである。これは、いつものおかしな中国、言論弾圧の中国を揶揄するいつもの流れかと思ったが、少々取り上げ方がマジメで、じつに異例の中国であった。つまり、賛否のわかれる、ちょっと行きすぎかもしれないけど考えてみる価値もあるかもしれない政策だ――といったニュアンスが含まれているようであったのだ。

   「とくダネ!」にもネットのデマに悩まされている者がいた。司会の小倉智昭は「自分のことを調べると、すごいデマが多いですよ」と口をとんがらせてじつに不愉快そうに吐き捨てる。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中