滝川クリステル遅ればせながら東京五輪報告「抜け殻状態になり、やっと元に戻った」

印刷

   滝川クリステル(35)が9月22日(2013年)、2020年東京五輪の開催決定をブログで報告した。招致アンバサダーとして最終プレゼンテーションに挑む直前(7日)以来のブログ更新で、「報告が遅くなり、ごめんなさい」と話している。

   帰国直後に「抜け殻」状態となり、「やっと、いつもの自分に戻りつつあります」という。開催地発表のときには「私自身も思わず飛び跳ねて大泣きして喜んでしまいました」「日本人にとって、音を立てるかのように歴史が動き出した瞬間」に立ち会えたと喜ぶ。

   20年へ向けて「私たち日本人の『心の発展』を成し遂げる未来」を夢見て、流行語にもなった「おもてなし」の文化を持つ日本人は「気づきさえすれば、きっとどんな場面においても、もっともっと優しくなれる」「世界中から尊敬される『新生ニッポン』に期待すると同時に、一国民として何ができるのか模索する日々」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中