小学生なぎ倒し暴走車!繰り返していた危険運転「猛スピードで住宅街走り抜け」

印刷

   また集団登校中の小学校児童の列に暴走車が突っ込んだ。昨日24日午前8時頃、京都府八幡市で起きた事故で登校中の13人の児童のうち5人が重軽傷を負った。現場近くに住む男性は「車が押し倒した鉄柵を跳び箱の踏み台のようにして、車が子供たちの頭上を越えた」と話す。

   警察は車を運転していた18歳の少年を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕したが、少年は「T字路を左折しようとしてアクセルを踏みすぎた」と話しているという。

ブレーキ痕まったくなし!アクセル全開で登校の列に

   事故を起こした少年は普段から暴走を繰り返していたようだ。近所の女性は「2度ほどこの車がスピードを出して住宅街を走り抜けていくのを見ました。危ない運転をするなと思っていたなんです」という。現場の山元香里リポーターは車が左折に失敗して最初に衝突したガードレールを示し、「ガードレールが大きく曲がっています。黒い擦った後があり、立て直そうとハンドルを切り対向車線に飛び込み、鉄柵を押し倒して登校中の小学生の列に突っ込んだと思われます」と伝える。

   児童たちが歩いていた反対側の歩道にはフェンスがあるが、「土台からポッキリと折れています。相当なスピードで接触したと思われます」(山元)

   司会の井上貴博アナ「事故現場周辺にはブレーキ跡がありませんか」

   山元「最初のガードレールにも鉄柵の周辺にもそれらしき跡はありません」

当て逃げしようとして急発進してジャンプ?

   山元の取材で新たな証言が飛び出した。事故を起こした車が一時鉄柵の横で停車していたというのだ。目撃した若い男性は「なぎ倒した鉄柵の横に車が止まっていた。エンジンは回ったままで、車体の下の方からは黒煙が吹き出していた。でも、ちょっと横を見てた間に車は消えていた」と話す。

   山元「この後、小学生の列に突っ込みジャンプして8メートル先の民家に衝突したようです。民家と歩道の間には畑がありますが、タイヤ跡は途中で消えています」

   くるま総合研究会代表・相川潔氏は「1度はクラッチを切ったのでしょう。でも、黒煙が出ていたということはエンジンは全開。タイヤが擦れていれば、煙は白煙です。それが何かの拍子でまたクラッチを繋ぎ、急発進してジャンプしたのだと思われます」と解説した。

   コメンテーターの野村修也(弁護士)「自動車運転過失傷害罪は数年前に、車の暴走運転を防ぐために施行されました。しかし、去年4月の京都・亀岡市で起きた事故や今回の事故を考えると、法律の効果が上がっていないといわざるを得ません」

   片山善博(元総務相)「亀岡市の事故も今回の事故も生活道路で起きています。生活道路は交通量も多く、車の往来も激しい。こうした道路を通学路に指定するのは考え直す必要の時期に来ていますね」

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中