インドのタマネギ不足深刻!「オムレツに入ってる量少ない」店主を客ズドーン

印刷

   「この客は拳銃で店主を撃ったんですよ!」と司会の小倉智昭が言う。インドの食べ物屋台で客が商品のオムレツにクレームをつけ、店主と言い争ったあとで店主を撃つ出来事があった。幸い店主は大きな怪我などには至らなかったというが、オドロキなのが発砲のきっかけ。オムレツの具のタマネギが少なかったからだそうな。

モンスーンの影響で価格4倍に高騰

   と、ここまではワイドショーによくある理解しがたい、おかしな海外の事件の典型事例に見えるが、そこからが違った。事件の「ウラ」にはインドの深刻なタマネギ事情があるという。

撃っちゃったんです

   インドではタマネギが食材として大変重用されており、朝晩欠かさず食べる人もいる。なんとタマネギを食べるために「タマネギローン」を組む人もいるほどだ。ところが、モンスーンの影響でこのごろはタマネギの価格が4倍に高騰。くだんの屋台も高騰の影響でタマネギを減らしていたという。タマネギ高騰が招いた悲劇であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中