2018年 7月 21日 (土)

千葉・茂原「不明女子高生」自宅近くの神社で発見!衰弱してガリガリ

印刷

   千葉・茂原市で7月11日(2013年)から行方がわからなくなっていた女子高3年生(17)がきのう26日(2013年9月)に見つかった。自宅からわずか400メートルの小さな神社の祠の中にいた。衰弱してうずくまっているところを、草刈りにきた人がみつけた。2か月半もの間どうしていたのかはわかっていない。

真夏の2か月半…どうやってしのいでいたのか

   女子高生は下校して最寄り駅の改札口を通った姿が防犯カメラに写っていたが、以後消息を絶った。2日後に父親が捜索願いを出したが手がかりはなく、警察は先月7日に公開捜査に踏み切り、40人体制で付近一帯を捜索していた。発見はきのう正午すぎ、見つけた男性が警察に通報して保護されたが、服装は失踪当時の制服のままで、汚れて髪もぼさぼさ。がりがりに痩せて軽い脱水症状を起こしていたが、外傷もなく事件性は薄いと見られる。

どうしてたのだろう

   高校生がいた神社は自宅からわずか400メートルのところで、住宅が散在する畑の中の小高い丘の上で、背後は山林だ。すぐ前は子供用のブランコや滑り台、ジャングルジムなどがある小さな公園だが、子どもの姿はあまりないという。祠にはカギがかかっていたが、扉の一部の板がはずれるようになっていて、そこから出入りしていたらしい。警察には「1人でいた」と話しているが、猛暑の2か月半、水や食料をどうしていたのか、またなぜ姿を隠したかなど詳しいことはわかっていない。

騒ぎ大きくなって出るに出られず?

   司会の加藤浩次「見つかってよかったが、事件にまきこまれたのかと…」

   キャスターのテリー伊藤「騒ぎが大きくなって、少女は出るにでられなかったんでしょうね。このまま行くと餓死する恐れもあった。寒くもなってきたし…」

   加藤「警察は見つけられなかったんでしょうか」

   阿部祐二レポーター「あたりは山ばかりで、そちらを重点に捜索していたようです。社にはカギがかかっていたし、だれも考えなかった」

   この社は年に1回しか人が入らない。それが12月なので、「もし12月まで見つからなかったら危なかった」と阿部はいう。

   加藤「2か月半、どうやっていたんだろう」

   阿部「水は近くにある。ミカンをとって食べた跡があったようです」

   テリー「夏はミカンないよ。体重も半分くらいというし」

   加藤「見つかってよかったけど、周りを騒がせたことを意識してほしい」

   まあ、よほどのことがあったんだろう。まさかいじめじゃあるまいが……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中