相葉雅紀「動物の素朴な疑問」検証実験―犬に自分のアクビうつせるか

印刷

天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系9月28日よる7時~)> 放送10周年の2時間スペシャルで、相葉雅紀の新コーナーもスタートした。動物に関する素朴な疑問を相葉ちゃんが実験して調べる「相葉のどうぶつ大実験」コーナーだ。

   第1問は「動物に人間のあくびはうつるか」である。ゴールデンレトリバーの子犬で調べてみる。めっちゃかわいい。人間は他人のあくびを見るとうつるといわれるが、では人間のあくびを見た動物はあくびをするのだろうか。

   まず、相葉ちゃんは子犬を抱き抱えてじーっと見つめるが、さっぱり眠気を催さない。「あくびが出ません。きのうよく寝すぎたな」。あくびを演じてみるが、子犬はまったく反応しない。「そういえば、いつも『眠い、眠い』って言ってる人たちがいた」と、番組レギュラーのタカアンドトシに助っ人を頼むことにした。「レギュラー11本だし、夜中まで仕事だし、子育てあるし」と多忙な2人に大いに期待する。

   そんな2人なのになかなかあくびが出てこない。相葉が「ちゃんと(犬に)目を合わせて、気持ちを通じ合うというか、共感させるというか」と注文する。ようやくあくびをする2人、なんと子犬も続けてあくび。相葉のあくびにも子犬は大あくびしてみせた。大成功だ。

ニホンザルは鏡に映った自分に…エッ、こんなリアクション!?

   2問目は「動物は鏡を見るとどうなるのか」。これまでにも、ラマが散歩中にガラスに映った自分を威嚇したり、犬が鏡に映った自分にびっくりした姿を放送してきた。それではより人間に近いニホンザルはどうか。猿回し師の村崎太郎に協力してもらい実験することになった。威嚇するかと予想していたが、意外な反応だった。鏡の猿にむかって毛づくろいを始めたのだ。

   「ニホンザルの世界では毛づくろいは仲間との信頼の証」であることを思い出した相葉は、「仲間だと思ってるのかな」「こんな姿、想像してなかったわ」と感心している。

   最後は相葉の疑問だ。「ニホンザルにマグロの頭を見せるとどうするか」という。これのどこが素朴な疑問なのかと思っていると、サルはマグロどころか魚を見たことないためかパニックになり、後ろ宙返りを繰り返す。「気持ちが不安定になると芸に逃げようとする」と村崎が解説する。なるほど。魚の目を見て顔であることは理解するが、不気味で怖いのだ。

   相葉はさらに「怖いもの(マグロ)の口に大好物のブドウをはさむとどうするか」なんて…、まあ、相葉ちゃんでなければ思いつかないような実験をする。サルはやはり怖がるが、ブドウをもらうと大喜びでむさぼる。ところが、次の瞬間、またも予想していなかった行動に出た。手渡しされたブドウを食べず、あたりかまわずぶん投げ続けたのだ。どうやらブドウに移った魚の臭いが嫌らしい。相葉ちゃんが出した結論は「神経質ってことですね」

   番組では動物への疑問、質問を募集中。相葉ちゃんとチンパンジーとの知恵比べ、イモトアヤコ張りにコモドドラゴンとのかけっこなんて見てみたい。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中