三冠王狙いで「冒険」やめたテレ朝!「秋ドラマ」人気シリーズで手堅く視聴率稼ぎ

印刷

   来週から秋の連続ドラマがスタートするが、目立つのはテレビ朝日の手堅さだ。悲願である年間視聴率3冠王達成のために、冒険をせずに人気コンテンツで確実に数字を積み上げていこうという作戦なのだ。3冠王とは全日(午前6時~午前0時)、ゴールデン(午後7時~10時)、プライム(午後7時~11時)のすべての時間帯で平均視聴率1位となることで、テレビ朝日は現在、3冠を維持している。ただ、全日は日本テレビと激しいトップ争いになっていて、年末に向けた視聴率争いで決着する。

   テレビ朝日の米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜よる9時)は前シーズンは平均視聴率19・1%と昨年の民放ドラマで首位というダントツの強さで、三冠王固めの切り札だ。「相棒シーズン12」(水曜よる9時)もシーズン11は17・3%と「勝ち星」が読めるし、「科捜研の女」(木曜よる7時58分)も悪くても13~14%は維持できる。長沢まさみの「都市伝説の女」(金曜深夜11時15分)は昨年春放送は9・73%とひとケタ台にとどまったが、深夜帯としては極端に悪いわけではなく、この秋はなんとか2ケタ台に乗せれば日テレとの全日視聴率争いの底上げになる。

   テレ朝の独走に待ったをかけるとしたら、木村拓哉のTBS系「安堂ロイド」(日曜よる9時)、「半沢直樹」で勢いに乗る堺雅人主演のフジテレビ系「リーガルハイ」(水曜よる10時)あたりか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中