消防車が来ない…必死のバケツリレーでご近所で消火!住人も救出して病院搬送

印刷
「このバケツが街を救いました」

   アナウンサーの小松靖が1個のバケツをもって現れた。相次いで起きた2件の火事を同じ火事と勘違いした東京消防庁の職員のミスで、現場への出動が遅れたが、住民たちのバケツリレーで被害を最小限に食い止めることができた。おととい6日(2013年10月)の夕方、東京・世田谷区の住宅街で起きたことだ。

「2個ずつバケツを持って10回やそこら水を掛けました」普段から協力話し合い

   世田谷区奥沢1丁目で、1件目の火事が起きたのは午後4時33分ごろだった。民家で火災発生と119番があり17台の消防隊が出動した。その1分後、約800メートル離れた奥沢2丁目のアパートでも火事が発生。隣家から119番があったが、通報を受けた総合指令室の消防士長(38)は1件目の通報と同じ1丁目の火事だと思い、消防隊を出動させなかった。1丁目の火事は住宅の一部と車庫が燃えたが、けが人はなかった。

いやあ、すごい

   慌てたのは2丁目の住民たちだ。近くの女性が話す。「119番したのですが、ウ―ウー鳴っている割には消防車は来ないじゃないって、もう1回119番しに行ったんです」

   アパートの隣に住む柴田信行さんは自分たちで消火するしかないと、マスクをして現場に駆け付けた。「もう必死で2個ずつバケツを持って10回やそこら水を掛けました」。ふだんから何かあったら協力しようと話し合っていたので、近所のみんなと協力し、バケツリレーで消火につとめた。

   アパートには女性(27)がいたが助け出し、救急車が来ないから待っていられないと、自分たちで病院に運んだ。女性はのどにやけどをする重傷を負ったが命には別条ないという。この現場に消防車が到着したのは21分後だった。

消防指令室が火災現場を混同!消防車出動させず

   司会の羽鳥慎一「いやあ、すごい協力体制ですね」

   小松アナ「こういったバケツを6つ使って、柴田さんを先頭にみなさん力を合わせて消火活動ができたということです」

   コメンテーターの舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)「あの消防の間違いは怖いですね。あってはいけないけれど、起こりそう」

   小松「きちんと住所を確認すれば良かったのですが」

   ここで、元大相撲力士の舞の海が「関係ないんですけど、消火活動した柴田さんは、もしかすると東北出身?『シ』を『ス』っていうのは東北訛りなんですよね。私は青森なんで、近いところかなと思いました」という。羽鳥は「関係はなかったですけど」と軽くいなしたが、舞の海は東北の人情が役立ったのではないかと言いたかったようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中