芋洗坂係長「親友・桜塚やっくんを弔問。夢は残ったみんなで受け継ぐからね」

印刷

   お笑い芸人の芋洗坂係長(45)が桜塚やっくんを弔問したと10月8日(2013年)にブログで明かした。家族だけの密葬になる予定だが、「いてもたってもいられず…親友の顔をどうしても、もう一度見たくて…」と通夜の前に訪れたという。

   無言の対面を果たし、「事故にあったとは思えない程、本当に綺麗な顔で、声をかけたら起きるんじゃないか…というぐらい穏やかな寝顔の様でした」と語る。父の充さんに「顔を触ってあげて下さい」とうながされて触れると、顔の冷たさに「泣く事すら出来なかった何か」が崩れて号泣したという。

   37年間の人生を「お疲れ様。よく頑張ったね。後の夢は、残ったみんなで受け継ぐからね」とねぎらって別れ、帰宅後には2人分の杯を用意して献杯した。「最後に、やっくんの盃を飲み干したとき…『芋さん、それ俺の!!』って、つっこまれた気がしました」と突然の死を惜しんでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中