完全主義・松本潤に尾木ママの心配「性格特性タイプAは早死にするし心臓疾患」

印刷

   <ホンマでっか!?TV こんなのまだまだ序の口だぁ秋の2時間超えSP(10月2日よる9時)> 松本潤が出演し、「超豪華芸能人の超本気人生相談SP」コーナーでお悩み相談をした。「思ったことをすぐ口にしてしまう」という悩みだ。

   「細かいことが気になるタイプで、たとえばコンサートのリハーサルの時、疑問に思ったことをその場で口にして進行をストップさせてしまい、結果的にリハーサルが延びてしまって後悔する」というものだった。かつて、コンサート会場でトロッコの下に敷いた茶色い木の色が気にいらず、その下の人工芝と同じ緑色にすべて塗り直させたこともあるという。

   悩みを聞いた各分野の専門家は的確なアドバイスをした。心理評論家の植木理恵氏は以前に松潤が出演したとき、ずっと貧乏ゆすりをして口をパクパクさせこっそり歌っていたことを指摘した。植木によると、これは「腹黒くなく、正直な人で、言った後に考えるタイプ」だからだという。

   ただ、20代の時なら「かわいい」と受けとめられたことも、30代になると同じ言い方でも腹をたてられるから、「主語+形容詞で提案型の言い方をするよう」アドバイスする。角を立てない大人の喋りは受け入れられやすく、人間関係を円滑にしてくれるというのだ。

気になりだすと言わずにはいられない性格

   松潤が単なるおせっかいでダメ出ししてるのではなく、仕事としてコンサートの構成と演出を担当していることを説明すると、教育評論家の尾木直樹氏からこんな指摘があった。

「仕事に対して本当に完璧主義だと思うの。そのまんまでいいんだけど、完璧主義だから僕、心配なのよ。松本さんはね、性格特性タイプAで、完璧に物事が進まないと落ち着かない性分。こういうタイプは早死にするし、心臓疾患になっちゃうの」

   続いて脳科学評論家の澤口俊之氏から「松本さんはリーダーになりたがっている」と言われる。「はっきりものをいう人は支配的になる危険性があります。こだわりが強い人は視野が狭くなり、脳が老化する危険性が大きい」と説明され、「嵐をやめても大丈夫ですよ。1人で独立してやっていける」とソロ転向に太鼓判を押した。

   松潤にはリーダーになるつもりもソロ独立を目指すつもりもないようだが、ここで加藤綾子アナウンサーが大野智リーダーから松潤へのメッセージを紹介した。「思ったことをすぐ言ってしまうのは、周りをよく見ているからこそだと思う。うちの松潤は本当に完璧な男です」

   聞いた松潤、「リーダー、ありがとう」とにっこり。大野リーダーやっぱり懐が深い。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中