2019年 5月 27日 (月)

最強・最大台風26号 あす朝7~8時ごろ関東直撃!?これまでにない猛烈な風と雨

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   猛暑、ゲリラ豪雨、竜巻に続き、秋になっても異常気象は終わらない。今度は例年になく台風が次から次に発生し、あす16日(2013年10月)午前中には、ここ十数年で最大・最強級の台風26号が関東に上陸する恐れがあるという。

   今年日本に接近した台風の強風域は大きいもので直径1000キロ程度だったが、26号は1300キロから1400キロに及ぶ。きょう15日、近畿や東海地方に接近し、その後は暴風域を伴ったまま関東地方に近づき、上陸する可能性もあり、上陸すれば、関東ではこれまでの最強クラスとなるという。

10年前に同じような22号!横浜でトラック38台横倒し

   気象予報士の二村千津子は「あす16日の明け方でも955ヘクトパスカルを予想していますので、接近するタイミングでは猛烈な風や波、広範囲での大雨が予想されます。関東地方では午前7時から8時ごろが非常に激しい雨になりそうです」と警告する。

tv186200_pho01.jpg

   司会の羽鳥慎一「通勤、通学の時間帯が心配ですね」

   大型というほかに、もうひとつ注意しなければいけない点がある。2004年の台風22号とコースや勢力がよく似ているのだ。この時は横浜で最大瞬間風速39.9メートルを記録し、トラック38台が横倒しにされるという大変な被害をもたらした。厳重な警戒が必要なわけだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中