キムタク主演「安堂ロイド」まずまずのスタート!「半沢直樹」と連続大ヒット狙うTBS

印刷

   木村拓哉主演のTBS系ドラマ「安堂ロイド」(日曜よる9時)が13日(2013年10月)に始まった。キムタクが100年後の世界から送り込まれてきたアンドロイドと天才物理学者の2役を演じるラブストーリーで、柴崎コウとの10年ぶりの共演で話題となっている。初回の平均視聴率は19・2%とまずまずスタートとなった。

   話題となった前ドラマの「半沢直樹」の第1話は19・4%だから、ほぼ同じような出だしというわけである。ただ、「半沢」の主演・堺雅人が秋ドラマではフジテレビ系「リーガルハイ」(水曜よる10時)の主役を演じていて、こちらの第1話は21・2%でトップは譲った格好だ。

   キムタクと柴崎コウが共演した2003年の同じ日曜劇場の「GOOD LUCK!」は平均視聴率30・41%の人気となった。TBSは「安堂ロイド」で連続大ヒットを狙っている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中