2018年 7月 23日 (月)

福島原発「汚染雨水あふれ」ブロックできず!これのどこがコントロールか!?

印刷

   4か月ぶりに国会論戦が始まった。きのう21日(2013年10月)の衆院予算委では、アベノミクス、TPP、特定秘密保護法案などで野党が攻めたが、例によってとらえどころがない論戦となった。わかりやすいのは福島の汚染水問題だった。民主党の玉輝雄一郎氏は、安倍首相が国際オリンピック委員会(IOC)で「(福島原発の)汚染水は完全にブロックされている」といったことをとりあげ、「国民は疑問を持っている」と迫った。安倍首相は「残念だ。もっと正確な情報を発信していきたい」と答えたが、現場は「ブロック」どころではないことは日本中が知っている。

基準値超える放射性ストロンチウム海に排出

   福島原発ではおとといの大雨で、汚染水タンクの周囲の11か所でタンクを囲った堰から水が溢れた。うち6か所で排出基準値を超える放射性ストロンチウムが検出された。最大は1リットル当たり710ベクレルがそのまま海に排出されていた。東京電力は「強い雨でタンクに移送する作業が間に合わなかった」と説明している。台風27号に備えて、高性能の排水ポンプを追加設置する移送パイ プも太いものに交換するなどの措置をとるという。

東電では埒あかない

   こうした事態を前に、安倍首相は「国が前面に立って国際的な約束を守らないといけない」と答弁したが、何の説得力もない。そもそも、汚染雨水があふれ出たのは、汚水タンクの周りの堰に台風26号による雨水が残っていたところへ、さらに雨が降ってあふれてしまったという単純ミスだ。その前には、満杯のタンクに送水してしまったりとお粗末の連続だ。

汚染水タンク保管もはや限界

   司会の井上貴博アナ「素人が見てもあふれるのはわかりますよねえ」

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「お金をケチってるんだかなんだかわからないが、もっとちゃんとした堰をつくるしかないですよ。30ミリとか40ミリしか想定していなくて、実際は100ミリ以上降ってるんですから。素人でもダメなのはわかります」

   潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)「タンクから外側に汚染水が出てなければ、いくら雨が降っても汚染はされないわけで、根本的には汚染水が漏れてることが問題なんですよ。根っこを断たないといけない。 コントロールとはそいうことです」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「後手、後手ですよね。国がやらないといけない段階ですよ、東電ではらちがあかない」

   井上「会社を分けないといけないという話もあります」

   杉尾「小泉元総理が『ひとたび事故が起これば大変なことになる』といっていたが、この状況を見るだけでもまさにその通りですね」

   膏薬を貼って膏薬を貼って、何十年も続くことになる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中