自分は大丈夫か?「ネット依存」5つ当てはまったら危ないセルフチェック

印刷

   「もしもインターネットがなかったらどうします?」と塚原泰介アナが街行く中高生に聞いてみた。「考えられない。無理だね」と即答する。「病院の予約や銀行の引き落とし、役所の申し込みまで全てネットの時代。でも、ネット依存の中高生が52万人に激増中です」

   どうしたら脱出できるのか。

脱出むずかしい「つながり依存」

   塚原「ネット依存には二通りあります。一つはコンテンツ依存で、動画検索サイトなどを見続ける。もう一つはつながり依存で、ラインやツイッターでコミニュケーションを求めるタイプです。問題なのはこの繋がり依存にハマって抜け出せなくタイプです」

   主婦たかこさんの娘まゆみさんは、15歳から8年間もオンラインゲームに依存して家に引きこもった。中学3年まではバレー部で活躍していたが、クラスでいじめを受けバレー部も退部した空白期にオンラインゲームを知った。昼夜が逆転して登校もせず、ひどい時には24時間ゲームをし続けた。母親がパソコンの接続を切るとネットカフェ通いを続けた。本人もまずいと気が付いて、ノートには「1日1回は外出する」と目標を書いたが、でも止められない日が8年間続いた。

   困り果てた母が「ネット依存外来」の病院を見付けて相談に訪れ、ネット依存の子供を持つ親たちにも知り合った。ようやくまゆみさんも診察を受け、今ではレストランのアルバイトができるまで回復してきている。

「止めようとするとイライラ」「意図したよりも長時間オンライン状態になってしまう」…

   ネット依存に陥っているかどうか、8項目のチェックがある

(1)夢中になっていると感じる
(2)満足を得るための利用時間が長くなった
(3)使用時間を短くしたり止めようと思ったが上手くいかなかった
(4)止めようとするとイライラする
(5)意図したよりも長時間オンライン状態になってしまう
(6)ネットで学校関係や人間関係が台無しになった
(7)熱中を隠すため家族にウソを付いた
(8)問題や嫌な事から逃げるためにネットを利用している

   久里浜医療センター・樋口進院長がアドバイスする。「チェックで大事なのが(1)(2)(3)です。8項目中5項目があてはまれば依存症の疑いありです。脱却するには、家族だけだと閉塞感が出てしまうので、第三者の専門家を頼るべきです。また、目標やルールを本人と相談して作る必要があります、スマホは10時までで止めるとか。それとネットに変わるポジティブな興味を一緒に探して上げる事が一番大事な事でしょうね」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中