2018年 6月 22日 (金)

二階堂ふみ「普通の人なんですけどね。サブカル、こじらせのイメージ脱却したい」

印刷

   女優の二階堂ふみ(19)が10月22日(2013年)から23日にかけて、自身のイメージについてツイッターで連続投稿した。

   ツイッター上で「怖いイメージがあるんですけど実際自分ではどう思いますか?」と質問された二階堂は、「普通の人なんですけどね」と返答。「不思議ちゃん・天然ちゃんイメージは脱却できたから、そろそろサブカルとかこじらせっていう類のイメージを脱却したいな☆」とつぶやいた。

   その後も「そんな簡単に、一言で、人は表せませんよね」「表に出る仕事やってるとは言え人間だもの。自分という人間を自分が嫌いな言葉で表現されたり、そうですよねって言われたり、嫌に感じたりします」などと書き、人のイメージを安易にカテゴライズする風潮への不満をもらした。モデルの玉城ティナ(16)から「メンヘラもいれましょう」と返信がくると、「いいね!メンヘラって言葉大嫌い」と答えた。

   ただし、これらのつぶやきはあくまでも個人的な意見だとして、違う意見を持つ人がいることにも理解を示す。最後には「とかなんとか言っちゃって。応援してくださるだけで、もう感謝の気持ちいっぱいです。いつもありがとうございます」として穏便なツイートでしめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中