2018年 7月 21日 (土)

南キャン山里&ドランク鈴木&ウーマン村本が共演「クズばかり出ているラジオだった」

印刷

   南海キャンディーズ・山里亮太(36)がパーソナリティをつとめる「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)の10月24日(2013年)生放送に、ドランクドラゴン・鈴木拓(37)とウーマンラッシュアワー・村本大輔(32)がゲスト出演した。

   ツイッターの「炎上」が絶えない山里、鈴木に加え、「芸人に最も嫌われている芸人」こと村本が、ツイッターでからんでくるアンチを2時間にわたってあおり続けた。番組終了後、鈴木は「クズばかりがてているラジオだった」と振り返る。

   自称「クズ」3人の共演を終えて、山里は「クズの新星のおかげか僕も自信がもてました!」と答え、村本は「目くそ先輩、鼻くそ先輩、ありがとうございました」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中