2018年 9月 21日 (金)

デヴィッド・キャシディに隠し子疑惑!「私の父親は彼」と女性名乗り

印刷

   米国版あの人は今とでもいおうか、1970年代に日本のお茶の間でも放送されたファミリードラマ「人気家族パートリッジ(愉快な音楽一家)」で、主役のキース・パートリッジを演じて一躍人気アイドルとなった俳優デヴィッド・キャシディに隠し子疑惑が持ち上がっている。

   「自分はキャシディのラブ・チャイルド(隠し子)」と名乗るノースキャロライナ在住の女性が、キャシディに父親であることを認めるよう迫っているらしい。女性は過去にもキャシディの広報担当や家族に接触し、DNAテストなどを求めたが、望みは叶えられず、キャシディ本人との面会も叶わなかったという。

本当なら遺産相続でトラブル必至

   女性は彼女の母親であるカントリー歌手とキャシディの間で一夜の過ちがあって、その時、母親は自分を身ごもったと主張している。キャシディのお金目当てではないと言っている。

   「本当なら遺産の問題が勃発するだろう」「本当かどうかはDNAテストをするしかない」「キャシディは傲慢な男。彼女はただ父親だと認められたいだけ」などさまざまな意見が寄せられている。

   かつて「悲しき初恋(I think I love you)」を大ヒットさせ、甘いマスクで女性ファンを魅了したキャシディも、いまや63歳の熟年男。最近はお酒にまつわるトラブルも多く、今年8月(2013年)にも酒気帯び運転で逮捕されるなど、お騒がせぶりが目につく。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中