警察官が押収の現金ネコババ?容疑者不起訴で返還「10万円足りない!」大阪・福島署

印刷

   大阪府警福島署でまた証拠品が紛失した。昨年3月(2013年)には証拠のたばこの吸い殻をなくしたうえ、捏造して署員が有罪判決を受けたばかりというのに、今度は窃盗事件の証拠品として押収した現金3170万円のうち10万円の行方がわからなくなった。この窃盗事件は不起訴処分になり、容疑者として逮捕した人物に返還しなければならなくなったため、署長ら幹部がポケットマネーで穴埋めしたという。

署長ら幹部がポケットマネーで穴埋め

処理も不自然

   福島署によると9月20日(2013年)に知人から金を盗んだとして女性を逮捕、自宅から現金3170万円を押収し、現場で数えて署に持ち帰り金庫に保管した。24日に写真撮影のため数え直したところ、10万円足りないことに気付いた。調査したが見つからないうちに、今月9日(2013年10月)に事件は不起訴処分になった。府警では紛出か盗難か、数え違いの可能性もあると見てさらに調べている。

元兵庫県警刑事「故意に盗んで幹部がもみ消しだろう」

   大阪府民らは「もういい加減にしてほしい」「ふんどしを締め直せ」と怒りあきれているが、元兵庫県警刑事の飛松五男氏は「複数人でチェックするため、数え間違いや紛失などはあり得ない。警察のミスというより、警察の故意の事件ですね」と断定し、「故意に盗んだということです。ポケットマネーから10万円出した時点で証拠隠滅を謀っているんです」と厳しく追及する。

   司会の羽鳥慎一「紛失が続いたのは偶然なのか、どうなんでしょうか」

   コメンテーターの高木美保(タレント)「紛失の後の処理もまた曖昧なことをやっていますね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「もともと本当に3170万円あったのか、そこがそもそも間違っていた可能性すらありますよね。それに最終的に不起訴処分になっているでしょ。なんで不起訴になったのか、その辺も釈然としませんね」

   警察にとって、黒星続きのなんとも無様な話である。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中