中国・共産党ビル前で連続爆発!政府も抑えられなくなった漢族の不満

印刷

   きのう6日(2013年11月)朝、中国・山西省太源市の共産党山西省委員会本部前で連続爆発が起こり、1人が死亡、8人がけがをした。爆発はマイクロバスや植え込みで7回起こり、爆弾には殺傷力を高めるクギや鉄球が仕込んであった。テロの背景をめぐってさまざまな憶測が飛んでいる。

殺傷力高めるための釘や鉄球…市民巻き込む無差別テロ

   事件現場から河賢樹記者が伝えた。最初にマイクロバスが3回の爆発し、次いで4回あったという。先月28日の天安門の事件と違って、報道の規制も緩いようだ。「この植え込みあたりに仕掛けられていた」と伝え、窓ガラスの割れたバスの映像もあった。

深刻な事態

   事件について国営放送はいっさい報じていない。外務省報道官も「調査中だ」とだけだが、新華社のサイトは現場の状況を流していた。中国版ツイッター「微博」には、鉄球や破損した車、血痕などの映像が流れた。河記者によると、現場からは電子基板も見つかったといい、遠隔操作で爆発させた計画的な犯行とみられる。だが、実行者は依然なぞだ。

   天安門事件はウイグル族による「組織的なテロ」というのが中国政府の見解で、ウイグル族への締め付けが強化が伝えられるが、今回の事件について専門家は、山西省には少数民族がいない地域なので天安門の事件との関連はないのではないかという見方で一致する。

   河記者は「国民は格差や腐敗への不満、民族問題を抱えている。今回の犯行がどれにあたるのかはわからないが、共産党本部を狙ったことから、背景は根深いとみられる」という。

   中国に詳しいジャーナリストの富坂聡氏は「これほどの規模じゃないものは数多く起っています。なかで目立ったものが伝わってきたということでしょう。政府も押さえつける限界にきていると思います」という。

国防費よりも多い治安維持費

   司会の井上貴博アナ「天安門事件とは関係ないということでしょうかね」

   金井辰樹(東京新聞政治部長)「関係がない方が、より深刻ですよ」

   国民の不満の理由は民族問題よりも貧富の格差、役人の汚職などで、つまりは漢民族同士のあつれきで、政府にとってはより深刻だ。デモや暴動の発生件数は2011年には18万件といわれ、治安維持費が12年には約11兆円超となって、国防費を超えている。

   今月9日には党中央委の全体会議がある。テロもこれにぶつけた可能性あるが、富坂は「習近平体制発足時からこの問題は最大のテーマになっています。これを乗り切れなければ国が滅びると胡錦涛がいっていた」と話す。あらためて路線闘争が始まる可能性をいう専門家もいる。

   井上「事件が続くと、他の動きを誘発することもありますよね」

   富坂「広がる可能性はあります。不満はたまっているが、リーダーがいないだけ」

   小松成美(ノンフィクション作家)「反日につながる可能性はあるのでしょうか」

   富坂「反日だと、みんな同じ気持ちで街へでてきてしまうので、中国にとってはやっかいなんです。人がたくさん街に出てくるとどこへ向かうかわからないからで、理由はなんであれ、してほしくない。自分から仕掛けることは多分ないでしょう」

   なるほど。政府も必死なのだろうが、今回の犯行が組織的なのかがやっぱり気になる。これまでなかったことだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中