2018年 12月 14日 (金)

「田園調布なら金持ち」盗んだナンバープレート付けて御用!中1誘拐犯の間抜け

印刷

   身代金目当ての誘拐がおととい6日(2013年11月)、東京・大田区で発生した。容疑者3人組は田園調布の路上で中学1年生の女子生徒少女をさらい、盗んだナンバープレートをつけたワンボックスタイプのレンタカーに閉じ込め、家族に2000万円を要求した。

   しかし、誘拐から3時間後、盗んだプレートのまま府中市内を走っていたところを警察の検問に引っかかり、御用となった。被害者を狙った理由は「田園調布にいるならカネをもってそうだから」だった。

近所では評判の「子煩悩お父さん」

非常に稚拙

   誘拐後に盗んだプレートをつけて走り続けるなどのずさんな犯行ぶりで、司会の加藤浩次が「コレ、非常に稚拙ですよね」と言えば、菊地幸夫弁護士も「非常に幼稚で、場当たり的」とこきおろした。

   主犯格と見られる43歳の男のご近所の評判を取材したという阿部祐二リポーターは、「近所の方が一番ビックリしている」と伝える。男は長年、大手の運送会社につとめ、妻と二人の子供と一戸建てに暮らして、教育熱心で子煩悩な父親と見られていたという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中