板東英二「植毛代7500万円」!毛があったほうが収入増えるなら必要経費?

印刷

   昨年12月(2012年)、名古屋国税局から約7500万円の申告漏れを指摘され芸能活動を休止していたタレントの板東英二(73)がきのう10日(2013年11月)に記者会見してよやく釈明した。板東は20年以上も国税局の確定申告のイメージキャラクターをつとめ、「正しい納税」を呼びかけていた。それが申告漏れとはいかにも具合が悪かった。国税局との「見解の相違」の主なポイントは「植毛の費用」だったという。

「正しい納税」呼びかけの国税局イメージキャラクターが申告漏れマズイ!

   板東は「ご迷惑をおかけしました」と深々と頭を下げ、切り出した。「約20年近くずっと植毛をやってまいりました。カツラが経費として落ちると聞いておりましたので植毛も落ちると思っておりました。植毛は美容整形と同じだといわれまして初めてわかりました。

全額が植毛代?

   私自身が税について無知であったことが大きな原因でなかろうかと反省しております」

   その後も「無知」を繰り返し、「正しい納税のキャラなのに無知だったのですか」と突っ込まれて、「意識の軽薄さというか、この年になっても反省しております。ごめんなさい」と涙ぐんだ。

   金銭管理については、「個人の金と事務所の金を1人の経理が管理していたので、公私混同というか、どんぶり勘定のような状況になっていました」と説明し、報じられていた架空の発注や貸し付けで所得を圧縮していたとされたことには、「ございません」と否定した。

   「これでみそぎと思っているか」と意地の悪い質問が出たが、「いえ、そんな軽くは思っておりません。仕事以外に取り柄のない男ですので、いま一度仕事をさせていただくチャンスをください」と訴えた。つまり、金に困って来たので仕事をやらないわけにはいかなくなり、そのきっかけとしての釈明会見だったわけだ。

復帰初仕事は「植毛CM」なんてどうよ…

   司会の井上貴博アナ「カツラは経費で落ちるので、植毛も落ちるだろうと思っていたと言っていますね」

   弁護士の大淵愛子は「植毛もある程度は経費になる」というが、それは「収入を得るために必要な費用かどうか。板東さんがテレビに出て仕事をするにあたって、髪の毛があった方が収入が高くなるのかどうかを見るわけです」

   井上「そこが争いになる」

   大淵「はい。だからある程度は認められるでしょうが、少なくとも7500万円は高すぎるということでしょう」

   井上「全額が植毛に使われていたかどうかはわかりませんよね。ほか何に使っていたのか、詳細な説明もなかった」

   大淵「腑に落ちないところが少し残ってしまいますね」

   再出発は植毛のキャラがいいのでは? 少なくとも20年も金をかけてきた効果はなかったようだから、最新の技術になじんだ方がいい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中