手術にも活用される3Dプリンター 患者に臓器模型見せて「これを摘出します」

印刷

   夢の3Dテレビはとんと、最近は夢の3Dプリンターが流行りだ。パソコンなどのデジタルデータから模型などの立体、はては拳銃もつくれるというウワサのオドロキの機械である。

   なんでも作れそうな3Dプリンターのオドロキの活用法というのは拳銃以外そうはないが、「スッキリ!!」によれば、医療の現場ではCTなどのデータをもとに、手術前の臓器を3Dプリンターで作成することもあるのだそうである。手術前などに患者に精巧な臓器を見せることで、患者の理解度が上がる、患部のイメージがしやすいといったメリットがある。

手術の練習やシュミレーション

「CTの画像見せられてもわかりづらいじゃないですか。(模型で)これがあなたの腎臓ですよ、ここが患部ですよと出されれば、アア、そうなんだとなるわけですよ」(大竹真リポーター)

   医師のシミュレーションにも有用で、「事前に手術の練習をし、シュミレーションをしながらスタッフとも相談できる」(東京腎泌尿器センター大和病院・院長)そうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中