同僚教諭に睡眠剤盛ってた女性講師!大阪の小学校で9年前から続いていた「眠り病」

印刷
「わがままぶりに怒りがこみ上げた」

   大阪市立加美北小学校で入学式や授業中に突然気絶する女性教師が続き、学校では眠り病と噂されていた。9年前からのことで、音楽担当の常勤講師の女性がシュークリームなどに睡眠導入剤を入れていた。傷害容疑で書類送検されたが、陰湿な犯行の動機はなんだったのか。

「わがままで可愛くない後輩だから飲ませた」

   書類送検されたのは中岡温子容疑者(60)で、直接の容疑は昨年6月(2012年)、職員室で会議中に40代の女性教師が突然倒れ、一時意識不明になった。救急搬送された病院で調べたところ、女性教師からうつ病や不眠症などの治療に使われる睡眠導入剤「ブロチゾラム」が検出された。医師は「大量に飲むと昏睡状態になり、揺すっても起きない状態になることがある」という。

やることが幼稚

   女性教師はこの薬を飲んだ記憶はなく、会議直前に食べたシュークリームの中に入っていたとしか考えられないことから、警察に被害届けを出した。調べて見ると、浮上したのが同僚の中岡だった。調べに対し、「前日にたまたま思いついて、家族が医師から処方された睡眠導入剤を使った」と供述している。

   動機については、「(被害女性が)わがままな態度で、指導しているのに可愛くない後輩だと思った。だんだん怒りがこみ上げてきた」と話しているという。女性教師が職場に復帰直後には、女性教師の運動靴に「バカ」「辞めろ」などと落書きしていた。

容疑者赴任後から授業中や卒業式で女性教諭昏倒

   中岡はどんな教師だったのか。学校関係者によると評価はよく、元教え子も「皆に尊敬されていて、良い先生」だったという。加美北小では中岡が赴任してきた2004年以来、入学式の最中や授業中に教師が突然倒れる出来事が相次ぎ、学校では「眠り病」とうわさしていた。10人ほどが「被害」にあっているが、この一連の出来事については、被害届けが出されていないことから、中岡との関係は不明で、警察も事件にすることを断念している。

   キャスターの小倉智昭「9年にわたってわかからなかったんですかね。信じられませんけど」

   経済アナリストで獨協大教授の森本卓郎は「この講師は社会常識に欠けていると思う。『バカ』とか書くのは小中学生の行為。普通の教師なら書かない」と話す。最近の犯罪ではまさかと思うような人物、どこかバランス感覚を欠いた人物が犯人というケースが増えているのが気になる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中