『週刊文春』恒例!AKBスキャンダル「総支配人はハーブ中毒」止まらなくなった不祥事告発

印刷

   お久しぶり。待ってました!『週刊文春』恒例のAKB48スキャンダル。しかもグラビアと両方だ。今回、週刊文春のターゲットになったのはAKB48の総支配人・戸賀崎智信氏だ。11月14日(2013年)0時09分、<銀色のパイプに火をつけ、ハーブを吸引する戸賀崎氏。一服すると目つきが次第にトロンとしてきた>とキャプションを付け、何やら吸引している彼の姿がはっきり写っている。

   おまけに、AKB48と同じ年頃の若い女性2人と行きつけのホテルへ入る姿もバッチリ。よほど強力な内部通報者がいるに違いない。秋元さん、安倍首相に頼んで「特定秘密」に指定してもらったら。

   戸賀崎氏は現場監督としてAKBを育て上げた功労者だという。AKB関係者がこう話している。<「もともと池袋のショークラブで店長をしていた戸賀崎氏ですが、客だった芝社長に誘われ、AKB発足当時の運営メンバーに加わった。総選挙はそのショークラブの女の子同士を競わせていたシステムを真似たもの。戸賀崎氏が考案したのは有名な話です」>

   なかなかのやり手らしいが、脱法ハーブはいけない。脱法ハーブは名前の通り、薬事法で規制されるたびに成分を若干変え、法の目をかいくぐる薬物で、近年は若者を中心に乱用者による危険運転や事故が多発しているため、現在、国会に薬事法改正案が提出されている。

   戸賀崎氏の側近A氏が彼が脱法ハーブの中毒者であると告白している。<「本人は『これは所持しても捕まらないから大丈夫。いい企画はこういう時に生まれる』と言うばかり。水商売時代の後輩にハーブや薬の売買している人がいて、その人から一袋五千円で譲ってもらってました。それを愛用の銀色の吸引具で吸うんです。吸った後は目は完全にイッてますよ」>

   週刊文春は昼間からホテルへ入った戸賀崎氏を待っていて、出てくるところを直撃している。以下は一問一答。

<――女子大生と浮気、不倫していますね。
「してないです。何が浮気になるんですか? (ホテルに行ったのは)風俗です。(相手は)素人ではない。それはいけないんですか。それは不倫ですか?」
――自身の店で脱法ハーブを吸ったことは。
「吸ってません。それにあそこは先輩の店で。僕は出資しただけ。(中略)吸ってません。仮にやったとしても合法ハーブ。問題あるんですか? 法にのっとって!」>

   AKB商法もそろそろ手仕舞いの時期に来ているのではないか。これだけ首脳陣や現場に不祥事が続発しているということは、組織自体に緩みがきているということであろう。勘のいい秋元康氏は手仕舞いの時期をいつにするか、そろそろ思案していると思うのだが。そうでないと、週刊文春のスキャンダル攻勢でもっと決定的な醜聞が暴露されるのではないか。それはそれで読者にとっては楽しみではあるが。

ゴルフ松山英樹このところ不振…「チビ天使」末永佳子と深夜のスッタモンダ原因?

   ゴルフ界の新星・松山英樹に初スキャンダルの洗礼である。週刊文春のタイトルは「松山英樹 グラドルとホテル密会もホールインワンならず」というきつい一発である。

   松山が定宿にしている港区のホテルへ呼び出したのは、グラビアアイドルの末永佳子(23)だという。身長147センチで自ら「チビ天使」を自称するロリータ系美女だそうだ。そこで松山は、彼女に対して独特の恋愛観を以下のように披露したという。

<「俺は付き合うとか、そういう概念はないんだよね。結婚とかは試したいけど、あくまで試しだからすぐに離婚するよ。君と結婚してもいいけど、君や俺と結婚しても離婚するからバツイチになっちゃうよね」>

   松山らしいといえばいえるが、不思議な考えであるし、口説こうとする相手にいうことではないだろう。そんなことを話している間にトラブルが起きたと、松山に近い関係者がこう証言する。

<「深夜三時頃、彼女は友人に『松山くんにヤラれそうになった』と連絡を入れ、泣きながら部屋を飛び出したというんですよ。友人は『こんな中途半端な時間に外にいるのは危ないから朝まで部屋にいればいいじゃん』と言ったようですが、彼女は『無理だよ。確実にヤラれるよ』と。なんでも、松山くんはだんだんと口説きモードになり、『好きだ』『愛してる』とエスカレート。最終的に彼女はキスをされたり、ずっと全身を触られていたというんです」>

読者の好きな夫婦1位「三浦友和・山口百恵」。では嫌いな夫婦は?やっぱり…

   同じ週刊文春で「好きな夫婦 嫌いな夫婦」の読者アンケートをやり、ランキングを発表している。やはりというべきか、三浦友和・山口百恵夫婦が460ポイントで1位。続いて田中将大・里田まい夫婦が452ポイント。佐々木健介・北斗晶夫婦が354ポイント。堺雅人・菅野美穂夫婦が235ポイント、桑田圭祐・原由子夫婦が91ポイントと続いている。

   嫌いな夫婦の1位は石田純一・東尾理子夫婦で372ポイント。先日のドーベルマン騒動が響いたのか反町隆史・松嶋菜々子夫婦が367ポイントで2位に入っている。高橋ジョージ・三船美佳夫婦が258ポイントで、好きな夫婦で3位だった佐々木健介・北斗晶夫婦が342ポイントで4位にランクインしている。

キャロライン大使が描くケネディ家復活「息子の政界入り」と「上院議員ポスト」

   50年前の11月21日。私は中学時代の同級生たちと山登りに行くために東京の東中野駅前に集合するために早起きしてテレビをつけた。初の日米間の「宇宙中継」で飛び込んできたのがケネディ大統領暗殺事件のニュースだった。駅前の小さな広場で輪になって、事件をどうとらえればいいのか、これからの日米関係はどうなるのかなどについて、真剣に同級生たちと話し合ったことを思い出す。

   ケネディの葬儀のとき、母親のジャクリーンの手を握っていた可愛い少女・キャロラインが駐日大使として赴任してきた。50年の時を経て、新たな日米関係をキャロラインがつくれるのか注目が集まっている。『週刊新潮』も「キャロライン来日から始まるケネディー家の大統領養成プロジェクト」という特集を組んでいる。

   11月12日、29代目の駐日米国大使に就任したキャロライン・ケネディ女史(55)は政治経験はなく、実質的な日米交渉は大使館ナンバー2の主席公使がこなすことになるそうだが、来日以来、日本でも人気は素晴らしいものがある。だが、キャロライン大使の本心は、ケネディ家の政治的な再興を目指していると作家の井上篤夫氏がこう語る。

<「キャロラインは、長女に祖母の名であるローズ、そして長男にはジョンと名付けている。ここからも、名門の復興へ向けた意気込みが見てとれます。ゆくゆくはジョンを大統領に、と考えているのでしょう」>

   長男のジョンは現在20歳。エール大学の2年生で、高校時代にはケリー国務長官のもとでインターンをしていた経験もある。昨年『将来は政治に携わりたい』と発言し、周囲を大いに喜ばせたという。しかも、すこぶるいい男である。祖父の上を行く大統領になるかもしれないと期待が膨らむのだろう。

<「08年の予備選では当初、ケネディ一族はヒラリーを支持していたのです>と話すのは明治大学の越智道雄名誉教授である。続けて<「当時15歳だったジョンが、オバマを支持するようキャロラインを説得、あわせてヒラリーの同志だった叔父のエドワード・ケネディ上院議員も翻意させ、勝利へと導いたのです」>

   ジョンはさしあたり2018年に行われる下院議員選挙に出馬が予想されているというのである。城西国際大学国際人文学部の土田宏教授(米国政治)は、今回はケネディー家の栄光を取り戻すべく、キャロラインが立ち上がったと見るべきだと分析している。

<「次の狙いは、一度は断念した上院議員のポスト。年齢を考慮すれば最短で2020年の大統領選を視野に入れている可能性もあります。そのためにもミスを犯さないよう、大使の任務は慎重な姿勢で取り組むことでしょう」>

   駐日大使を踏み台にして大統領に駆け上がる「野心」があるというのだが、それはどうだろう。だが、息子のジョンが『無事』に政治家として成長していけば、大統領も夢ではないかもしれない。なにしろあり余る財力とJFKの末裔という輝ける七光りを持っているのだから。

巨人憎し!いよいよ募らせる中日・落合博満 GM来シーズン面白くなりそうだぞ

   『週刊現代』が「中日GM 血も涙もない落合博満の大リストラ これでいいのだ」という特集をやっている。なにしろ凄まじいコストカットを実行しているようだ。<11月4日から始まった契約更改の減棒総額はすでに6億円超。最終的には10億円近くのコストカットをするとみられている>(週刊現代)というのである。

   この大リストラの口火を切ったのは、かつて師弟関係だった井端弘和だった。2億5000万円から88パーセントダウンの3000万円を提示され、当然ながら自由契約を選んだのだ。評論家の江本孟紀氏がこう憤る。

<「落合GMは井端に対し、『戦力外の選手に金額は提示しない』とコメントしましたが、いくらなんでもその言い方はないだろうと思いましたね。『提示した金額に納得しなかったから、退団した』ということを強調したかったわけでしょう。88%ダウンなんて、実質的にはクビの宣告と一緒です。そう簡単に判は押せないに決まってるじゃないですか。功労者に対する仕打ちとしては、あんまりですよ」>

   たしかに非情なやり方ではあるが、力がものをいう世界なのだから致し方ないともいえる。落合の使命は「優勝」することなのだから。

   だが、捨てる神あれば拾う神あり。巨人が井端を取る可能性大だとスポーツ紙が報じている。そもそも、落合の原点には巨人に対する強烈なコンプレックスがあるというのだ。落合をよく知るベテランスポーツ記者がこういっている。

<「78年のドラフトでロッテに3位指名され、落合はプロ入りしました、実は巨人から2位指名を約束されていたんです。しかしこの年、江川事件があり、巨人がドラフトをボイコットした。そのため、約束は反故にされた。落合の野球人生は最初でいきなり狂ったんです」
 三冠王を何度とってもそれほど評価されなかった落合は、ロッテから巨人への移籍を決意する。しかし、その時も巨人にプライドを傷つけられたという。<「巨人は斎藤雅樹、水野雄仁とのトレードというロッテ側の要求に難色を示し、落合を獲らなかったんです。そのとき落合は、『巨人は俺のために、斎藤ごときも出せないのか』と怒っていた」(当時のロッテ担当記者)>

   落合ができたばかりのFA制度でやっと巨人に移籍できたのは94年。落合はすでに40歳で、最盛期はすぎていた。しかも、巨人は落合の入団から3年後に、次世代の4番として清原和博を西武から獲得し、結局落合を使い捨てにしたのだ。巨人憎しの落合が、どんな秘策を胸に巨人に戦いを挑むのか、来シーズンはおもしろくなりそうだ。

女のイッたふり見抜け!「体硬直」「お腹が冷たい」「気持ちいい~」はウソ

   今週の軟派記事。『週刊ポスト』は「声でする、耳で感じるSEX」、週刊現代は「最高のSEXのために『外性器』をもっともっと知ろう」である。いささか外性器という言葉に飽きた身には、週刊ポストの記事中の「彼女の『イク~!』の演技を確実に見破る7の視点」のほうがおもしろかった。

   まずは「言葉よりも息づかい」に注目せよという。<感度を測る上で、喘ぎ声の大きさは重要ではない。それよりも言葉の抑揚や息遣いに注目すべきだ>というのだ。OLIVIA氏がこう語る。<「セックスに没頭すると、『気持ちいい』とさえスムーズに言えず、言葉が途切れ、声に抑揚が付くもの。息遣いも変わり、『ハァハァ』と息を詰まらせたなら絶頂を迎えた可能性は高い。この時の『イク』は、たとえ小さく呟いただけでも本物でしょう」>(週刊ポスト)

   絶頂になると「乳首が立ち乳房が膨らむ」という。<「乳首は勃起して硬くなるのはひとつのシグナルですが、実は感度が増すと乳房全体も膨らみます。片方だけを愛撫するとよくわかります。触られた側だけ、ツンと上向きに盛り上がります」(OLIVIA氏)>

   イッた演技としてグッと体に力を入れて硬直して見せる女性もいるが、それを見分けるのはこうだという。<「絶頂による痙攣は膣や子宮周辺からくるので、腰回りが『ピクンピクン』となるのが正しい。脚や肩だけが反応していると演技である可能性が高いですね。演技の痙攣は単発になりがちですが、本物の痙攣は連動しますので、この違いも見分けのポイントです」(Naomi氏)>

   気温の変化にも影響されずに確実にチェックできるポイントがあるという。<「女性のおへその下は、絶頂を知るための重要ポイントです。触ってみて冷たい場合はイッたフリをしている可能性が高い。絶頂期には骨盤に血流が集まるので、子宮付近は必ず温かくなります。冬場で体の末端が冷えていても、ここだけはホットなままです」(OLIVIA氏)>

   週刊ポストは<これで女性の本気の絶頂を見抜く目は備わった。あとは、演技だと気づいても心が折れないだけの覚悟があなたにあるかどうか、だ>と結んでいる。こんなことまでしてSEXしたいと思うのだろうか。相手が演技でも本気でもいい、自分さえよければという考え方ではいけないことはわかるのだがね~。たしかにSEXは奥が深い。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中