2019年 4月 21日 (日)

カリスマ主婦マーサ・スチュワートの自慢料理…不味そうとネット炎上

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   カリスマ主婦として知られるマーサ・スチュワートが撮影したフード写真があまりに酷く、ネットで炎上中だ。「おいしそうでしょう」と自慢げにアップされた写真だが、まったく美味しそうには見えないのだ。

   たとえば、「レタスサラダ ホームメード・ロシアンドレッシング掛け。ランチのオニオンスープにぴったりのサラダ」とキャプションされた写真は、野菜は黒ずみ、レタスは灰色がかった黄緑色で、「まるで刑務所の食事みたい」「灰色は食べ物の色じゃないよ」とボロクソである。オニオンスープはグロテスクな茶色でとても食べ物には見えず、カリスマシェフが作ったという白トリフのフットチーネも、マーサが撮影すると「まるでウン○みたい」とユーザーから悲鳴の声が上がっている。

ご本人はあくまで強気「これのどこがひどいっていうのよ」

   マーサは白トリフのパスタ写真をツイッターにアップし、「さあ、この写真のいったいどこが酷いって言うの」と288万人のフォローワーに挑戦状をたたきつけ、めげる様子はない。

   そんなマーサに対し、「さすが実際に刑務所にいただけある」「まずはフラッシュをやめること」「カメラマンを使った方が良い」などさまざまな声に混ざって、「こうやってしたたかに話題作りをしているんだろう」とうがった見方もある。実際、またフォローワーを増やしたようだ。恐るべき72歳。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中