猪瀬都知事の辞任あり?徳洲会5000万円「個人的な借金」で乗り切り無理

印刷

   東京都の猪瀬直樹知事は徳洲会から無担保・無利子で5000万円を「個人的に借りた」と説明しているが、いかにも説得力がない。高村智庸リポーターは「最初の記者会見では、選挙向けの資金提供があったと認めていましたが、その後に個人的に借りたが自分から要請したわけではないと変わりました」と伝えた。

   「個人的に借りたのなら借用書を書いたはずだ」と記者から質問されると、「ここにはないが探せばどこかにあるはずだ」としどろもどろになってしまった。

「選挙運動収支報告書」「政治資金収支報告書」いずれも記載なし

   コメンテーターの青木理(ジャーナリスト)「猪瀬さんはノンフィクションの大先輩で、ジャーナリストとして権力の癒着を追及してきましたが、今回のことではかなり苦しい立場に置かれていますよね」

なぜ個人借金と?

   司会の羽鳥慎一「なぜ猪瀬知事は個人的な借用であったことにこだわるのでしょうか」

   岩井奉信(日本大学教授)は「個人的借用の場合は罰則がありませんが、選挙運動資金なら選挙運動収支報告書に、政治資金なら政治資金収支報告書に記載しなければなりません。これを怠ると、猪瀬氏が罰則を受ける可能性があります」と説明する。

   高村「猪瀬知事の方から1億5000万円の資金提供要請があったとも言われています。知事はこれを否定していますが、『5000万円を知事に渡せ』『金の出所がわからないように現金で用意し、取りに来させろ』という指示が徳田虎雄前理事長からあったといいます」

   青木は「前知事の石原慎太郎氏と徳田虎雄前理事長は親しい関係にあり、石原氏が猪瀬氏を後継者に指名し、急な指名で選挙の準備も進んでおらず、選挙にはカネがかかるので、石原氏の後任として猪瀬氏に資金を提供した可能性もあります」と分析した。

病院開業の許認可権握る東京都―特別な利害関係

   前田典子(モデル)「個人的な借用書があるなら見せて欲しい。せっかくオリンピックも決まって、都知事としても人気が出てきたのに残念ですね」

   岩井教授「東京都と徳洲会は特別な利害関係にあります。今回のことは裏金と言われても仕方ない」

   青木「徳田前理事長は難病を患っているため、秘書や第三者を介してやりとりをしている。その記録がどこかに残っているはずです」

   いや、その記録を東京地検特捜部が押さえたということなのだろう。猪瀬は絶体絶命だが、都知事辞任は毛頭考えていないはずで、さてどう収拾するのか。オリンピック招致プレゼンの時の作り笑い、あれは通用しませんぜ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中