山里亮太「JOY甘いですよ。ネットでボロクソ当たり前。『死ね』はあいさつ代わり」

印刷

   映画「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード」の試写会イベントがきのう25日(2013年11月)にあり、戦国パラレルワールドを舞台にしたこの映画のなかで、イエヤスなる人物を演じたタレントのJOYが複雑な心境を語った。

   映画への反応が気になってネットで調べてみると、「映画、楽しみ」といったものに混じって、「JOY、死ね」などといったコメントがあったという。自分の嫌われぶりにショックを受けたJOYは、観客に向かって「これ見てるみなさん、2ちゃんねるでお手柔らかにお願いしますね。そんなに叩かないように」などとリクエストした。

「一晩で『死ね』30回くらい食らってます」

   しかし、「スッキリ!!」のスタジオでは、ナレーターの天の声・謎の男ことタレントの山里亮太が「JOYも甘いですよ」と一刀両断。ネットで叩かれることにすっかり慣れているこの男は、「『死ね』なんて私には挨拶みたいなもんです。昨晩だけで30回、死ねって、くらってますね。『こんばんは』みたいなもんで」と話し、ネットの悪口、何処吹く風――というより、少々自慢げであった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中