困ったものだよ中国人…入浴マナー注意した銭湯客殴打!掛け湯せず湯船に

印刷

   スーパー銭湯でかけ湯をせずに浴槽に入ろうとした中国人の男が、日本人男性客に注意されて逆上し、顔などを殴って大けがをさせたとして傷害容疑で逮捕された。外国人観光客が増加しているおり、入浴のマナ―については互いの注意が必要のようだ。

目に余る観光客「浴槽で歯磨き・シャンプー」「バスタオル巻いたまま」

   逮捕されたのは三重県伊賀市のマッサージ店手伝い、李永昌容疑者(34)で、22日(2013年11月)夕方、市内のスーパー銭湯で無職男性(39)を拳で約10発殴り両頬骨折による約1か月のけがを負わせた。

相撲部屋でも…

   入浴のマナ―について、多くの外国人観光客が訪れる東京都江東区の「大江戸温泉物語」で聞くと、中国人観光客のさまざまなマナ―違反が目撃されていた。管理課の古山律子さんが具体例をあげる。「湯船の中で歯磨きしたり、シャンプーしながら湯船に入ったりとか」。ほかにも、バスタオルを巻いたまま、さらには牛乳瓶を持って入るなど、日本人には考えられないようなことが起きる。

   そこで、マナ―を図で示したポスターを貼り出したり、英語や中国語で書かれたパンフレットを配ったりするなどの対策をとって、この10年で大分改善されてきたという。

「やっぱり、わからない方には、教えてさしあげないと」

   今回トラブルのあった三重県のスーパー銭湯にも注意書きが貼ってあったが、中国語の文章は、翻訳ソフトの入力ミスなのか、かけ湯マナ―とは無関係の文章になっていた。李は「かけ湯をする習慣は知らなかった」といっているが、「ただ」とアナウンサーの小松靖が補足説明する。

「李容疑者は日本に10年以上住んで、日本語も話せるという話です。暴力の言い訳にはなりません」

浴槽につかる習慣ない中国―シャワーや体ふくだけ

   司会の羽鳥慎一「まあ、文化の違いですから、僕らが何やってんだということが通用しないことがありますよね」

   コメンテーターの舘野晴彦(『月刊ゲーテ』編集長)「日本人は世界の中でも相当清潔だし、湯船に入る習慣は世界でも少ないじゃないですか」

   中国の文化に詳しいジャーリストの福島香織氏は「中国ではこれまで浴槽につかる習慣がなく、基本はシャワーか、身体をふくだけ。また、浴槽のある家は少ないので、日本人が湯船にこだわる感覚がわからない」という。

   ここで舞の海秀平(大相撲解説者)が若い時の体験を告白。「実は恥ずかしい話なんですけど、私も大学時代、かけ湯をせずに湯船に入り、おじいちゃんに叱られたことがあります」

   羽鳥「相撲部屋では、外国人力士にどうしているんですか」

   舞の海「見よう見まねで覚えていきますね。ただ、(日本人の中にも)土を付けたままドバーッと入る嫌な、怖い先輩もいるんですよね。一瞬にして、まるでカフェ・オレみたいな風呂になります」

   羽鳥「誰ですか?」

   舞の海「いやいや」

   東京五輪を控え、日本の「銭湯文化」を伝えることも「おもてなし」のひとつだろう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中