安売り肉と「大根だけ」「白菜だけ」でメインディッシュ!使うのもフライパンひとつ

印刷

   「牛肉が特売で安く手に入って、冷蔵庫を開けたら大根しかない。どうしよう」(駒村多恵アナ)という視聴者の悩み解決しますと登場したのは重信初江さん(料理研究家)だ。「薄切り大根と牛肉炒め」「白菜と鶏肉の白ワイン煮」を作ってみせた。いずれも野菜1種類のメインディッシュだ。

「薄切り大根と牛肉炒め」「白菜と鶏肉の白ワイン煮」

   重信さん「用意するのは大根と大根の頭に付いている葉っぱ、牛肉だけです」15センチ程の長さの大根(250グラム)をピーラーで薄く削ぎ切りにすると、幅のあるきしめん状態のものが何枚かでき、大根の葉っぱは細切れ、牛肉(150グラム)は食べやすい大きさに切って、酒、しょうゆ、塩・こしょう、片栗粉で味を調えておく。

   フライパンにごま油をひいて牛肉を炒め、半分ほど赤身が残っている段階で大根を投入し、透明感が出てきたら大根の葉っぱを入れて完成だ。

   重信さん「ポイントは強火です。弱火だと大根の水が出てしまいます。葉っぱを入れるときに、オイスターソースとしょうゆで味を調節します」

   「白菜と鶏肉の白ワイン煮」も鶏もも肉と白ワインいがいは白菜だけ。オリーブオイルをひいたフライパンに、塩・こしょうをした鶏肉8~9切れを皮面の方を2分、裏返して1分焼いて、白菜を入れて軽く炒めたらワインを注ぎ、1分は煮立てる。味付けはチキンスープの素か鶏ガラスープの素だ。かき混ぜてふたをして弱火で15分。途中で、白菜が焦げ付かないように2回ほどかき混ぜる。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中