「夜スリム トマ美ちゃん」消費者庁から厳重命令!「寝てる間に痩せる」は誇大宣伝

印刷

   「寝ている間に勝手にダイエット」というのが大人気で、2年間に50億円の売り上げとは半端じゃない。しかし、これに消費者庁が「痩せる根拠がない」と改善を命令した。

   「夜スリム トマ美ちゃん」のパワーアップ版というのがそれで、テレビのCMもあって、とにかく人気らしい。ちらしにも「累計販売35万個突破」とある。なんとか横着して痩せたいという人がそんなにいたとは…とあらためて驚く。

警告・注意より重たい「措置命令」―裏付けとなる合理的な根拠がない

   問題になったのは新聞の折り込み広告だ。「寝ている間に勝手にダイエット」のキャッチフレーズの下に、「寝る前に飲むだけで努力なし」「夜トマトダイエット」とある。タンクトップの女性がぺちゃんこのお腹を押さえている写真に、「これが子供を4人産んだお腹です」「私、昔はなんと91キロもあったんです」などなどが並んでいる。

これで痩せるわけない

   きのう5日(2013年12月)に会見した消費者庁・食品表示対策室の渡邉宏樹室長は、「飲んだだけでは痩せていないという事実は把握しています。容易に著しい痩身効果が得られるというような誤認を与える表示になっています。表示の裏付けとなる合理的な根拠が認められませんでした」と手厳しい。

   こうしたケースでは、多くは警告とか注意で終わるのだが、今回は消費者庁が行政処分の中で最も重い「措置命令」というのを出した。景品表示法違反がはっきりしているためで、違反を一般に公表し再発防止策をとり、違反表示を繰り返さないよう求めた。

チラシには小さく見えない文字で「「ダイエットには適度な運動も必要です」

   発売元の「コマースゲート」は「責任者がいないのでコメントできない」と逃げる。ホームページには「広告作成に際して正しい情報を適切に提供する姿勢が十分ではなかったと深く反省しております」とあった。

   折り込みチラシを小松靖アナが見せて、「ここを見てください」と指したのが、左端にある小さな書き込みだった。小さくてまったく見えない。拡大してもまだ小さい文字。さらに拡大したら「使用感には個人差があります」「ダイエットには適度な運動も必要です」とあった。これは天眼鏡でももってこないととても読めない。

   小松「それらも含めて、消費者に誤解を与える誇大広告だと、国の認定したわけです」

   司会の羽鳥慎一アナ「これは小さすぎますね。あとで言われてももちょっとねえ」

   吉永みち子(作家)「痩せようと思っても痩せないんだから、努力しないで痩せるなんてあり得ないんですよ」

   羽鳥「これプラス運動すれば効果があるんだろうけど、その文言だけ見ると、痩せたいと思ってる人はひかれてしまいますよ」

   アメリカでは違法表示で得た利益を没収する制度がある。日本は違法表示を改めれば罰則はない。

   吉永「それまで儲けたモノは自分のものになる」

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「CMでも薬にはきびしいけど、サプリにはね」

   飯田泰之(明治大准教授)「消費者も痩せたとかいう体験談をあまり信じちゃいけないですよ」

   だれも信じちゃいないだろうが、それでもつい、というのが悲しいところ。売る方は巧みにそこをついてくる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中