2018年 8月 21日 (火)

共演ステージで「謝罪と感謝」華原朋美側がプロデューサーに提案!小室哲哉「驚いた」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が元恋人・華原朋美(39)との15年ぶりの共演について、12月5日(2013年)にツイッターで話した。ふたりは4日の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)に出演し、小室が作った華原の曲「I'm proud」と「I BELIEVE」を破局後初めて披露した。

   曲を歌い終えた後、華原は小室に「いままで迷惑と心配ばかりかけてすみませんでした」などと語り、固い握手をかわした。この演出は番組の前に、華原から番組プロデューサーに提案していたもの。番組終了後にそれを知った小室は、「Pのきくち伸さんの度胸に後からですが驚きました」と感謝している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中