共演ステージで「謝罪と感謝」華原朋美側がプロデューサーに提案!小室哲哉「驚いた」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が元恋人・華原朋美(39)との15年ぶりの共演について、12月5日(2013年)にツイッターで話した。ふたりは4日の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)に出演し、小室が作った華原の曲「I'm proud」と「I BELIEVE」を破局後初めて披露した。

   曲を歌い終えた後、華原は小室に「いままで迷惑と心配ばかりかけてすみませんでした」などと語り、固い握手をかわした。この演出は番組の前に、華原から番組プロデューサーに提案していたもの。番組終了後にそれを知った小室は、「Pのきくち伸さんの度胸に後からですが驚きました」と感謝している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中