2018年 7月 19日 (木)

櫻井翔ソチ五輪キャスター!浅田真央に密着してスケート会場から中継レポート

印刷

   櫻井翔が来年(2014年)2月7~23日に開催されるソチ五輪で、日本テレビ系のキャスターに決まった。北京(08年)、バンクーバー(10年)、ロンドン(12年)に続き4度目の起用だ。「NEWS ZERO」(日本テレビ系よる11時)の月曜キャスターとしての実績が評価されているのだろう。

   紀内良彦プロデューサーは「選手に対するリスペクト、飽くなき好奇心に感銘を受け、また五輪取材をご一緒させていただきたいと思った。自らの足で取材する『ジャーナリスト魂』でロシアの地からリポートしていただきたい」と期待している。櫻井は「北京で初めて五輪を見てから、会場には世界の中心にいるような感覚があった。現場で見られる喜びは大きいです」と張り切っている。

オリンピック4度目!現地入り後は食事の誘いも酒も断り、ホテルにこもり翌日競技の下調べ

   ただ、スケジュールはタイト。レギュラー番組収録の合間をぬって2回に分けてソチを訪れる。大会前半は開会式、女子モーグルの上村愛子選手や伊藤みき選手らを取材する。後半はフィギュアスケートの浅田真央選手に密着する。ソチ五輪で金メダルが有力視されるが、ショートプログラムは試合会場からリポートする。

   現地での櫻井はこれまでも全力投球で、スタッフの食事や酒の誘いは断り、部屋にこもって下調べするか、翌日の仕事のために早寝するか、別の競技を見に行くかだという。

   櫻井には怖いお目付け役もいる。「ZERO」の本番終了後に必ずダメ出しの電話をくれる母親だ。原稿を噛んだり、トチったりを厳しくチェックされるのだという。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中