西武ドラフト1位森友哉ファインプレー!線路転落の老人救助「自分が行くしかないと…」

印刷

   西武ライオンズからドラフト1位指名された甲子園のヒーロー、大阪桐蔭野球部主将の森友哉選手(18)と副主将の久米健夫選手(18)が、今度は人命救助のヒーローで表彰された。

   11月16日(2013年)朝7時半ごろ、登校途中のJR西日本の新今宮駅ホームで電車を待っていたところ、久米が突然「おい、森行くぞ」と走り出した。久米は「目の不自由な方がホーム反対側から線路に転落した瞬間が見えたんです。自分が行くしかないと思い、森に声をかけました」とその時の様子を語っている。森は「なんのことかわからず付いて行ったら、おじいちゃんが(線路に)倒れていた」という。

爽やか!次の電車でそのまま登校「当たり前のことをしただけだったので」

   新今宮駅の1日の平均乗降客は約6万人で、新大阪駅の約5万人よりも多い。朝の通勤、通学ラッシュ時は電車も5分間隔と短い。森は「電車が来る方向を見たらまだ来ていなかった。これは行けると思いました」と話す。

咄嗟の判断

   ところが、2人で線路内に飛び降り、おじいちゃんを持ち上げてみたものの、ホームまでの高さが150センチもあり、なかなか思うようにホームに担ぎ上げられない。焦っていると、ホームにいた消防士が救助に気付き引っ張りあげてくれた。

   3人の連係プレーで、おじいちゃんはヒザや手に軽いケガをしただけで大事に至らなかった。3人は来た電車に乗って学校や職場へ向かったため、この救助劇に駅員も気付くことはなかった。森は「当たり前のことをしただけだったので、そのまま授業にでた」という。この人命救助を人づてに聞いたJR西日本は、高校の制服や野球部のバッグを頼りに調べ、3人を見つけ出した。

   司会の加藤浩次「この咄嗟の判断はすごいですね。良いニュースです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中