カーヴィー樫木のスタジオ閉鎖「最終日にスタッフと『打ち上げ』した。本当に幸せな1年でした」

印刷

   カーヴィーダンス考案者・樫木裕実(50)のスタジオ「カーヴィーグランド」が12月9日(2013年)に閉鎖された。昨年(12年)12月にオープンしたが、今年10月18日にスタジオオーナー側の弁護士から閉鎖を通告され、28日にブログで発表していた。

   樫木は12月10日のブログで、最終日にスタジオで会員と会い、スタッフと「打ち上げ」をしたと明かす。会えなかった会員には「心残りですが…いつか必ずまた直接お会いして 気持ちを伝えられると信じています」と伝え、恩返しのために「また新たな一歩を踏み出す」という。

   スタジオでの1年間を「本当に幸せでした」と振り返り、「昨日も寂しくても心から幸せだと感じました」と話す。9日までは会員のために「全力でやろう!」と考えていたため、今後については「焦らず慎重にじっくり決めていきたい」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中