今年のCM女王は武井咲!JTB、資生堂など17社!男性トップは石川遼

印刷

   今年(2013年)1月から11月までの「テレビCM出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表された。女性タレントでは武井咲が初の1位に輝いた。昨年の6位から急上昇だ。JTB、資生堂、ハウス食品、イオン、青山商事、ロッテなど17社のテレビCMに起用された。

   2位は昨年の首位だった元AKB48の篠田麻里子(15社)で、3位はローラ(14社)が入った。4位は剛力彩芽ときゃりーぱみゅぱみゅ(12社)、6位(11社)は上戸彩、ベッキーに加え、前回圏外だった「あまちゃん」若き日の春子・有村架純だった。AKB勢は出演数が激減していて、前回3位の高橋みなみ、5位の指原莉乃はランク外に去った。

   男性部門ではプロゴルファーの石川遼(12社)が5連覇、2位は向井理(11社)、3位は木村拓哉と桜井翔(10社)、5位は鈴木福(9社)、6位(8社)は「百獣の王」こと武井壮だった。SMAPの香取慎吾や「嵐」(相葉雅紀、大野智、二宮和也)、「関ジャニ∞」(錦戸亮、村上信五)のジャニーズ勢も8社だった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中