2018年 9月 25日 (火)

味付けたまご「動物用消毒薬」ブチ込んで煮てた!「岩手ファーム」1日4万個出荷

印刷

   「これは、ちょっと想像を超えてますね」と、小林悠アナが不愉快そうに言う。市販の味付けたまごから、食品には使用禁止されてる動物用の消毒薬成分が見つかったとのニュースである。

   読売新聞記事をもとに伝えるところでは、岩手県の鶏卵製造・加工会社「岩手ファーム」は、味付ゆでたまごをつくるときに、本来、畜舎の消毒などに使うクスリを入れてたまごを煮ていた。

消費者からカビ発生のクレーム多かったので…

ハマってたのに

   その動機は商品のカビ防止。カビについての消費者からのクレームが多かったからだ。岩手ファームの味付たまごは1日に約4万個以上が東日本の小売店に出荷されているそうで、番組コメンテイターの三屋裕子(スポーツプロデューサー)も「ワタシ、味付たまごが大好きでハマってたんですよ」とショックを受けていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中