2018年 7月 20日 (金)

おイヌ様の豪華おせち料理!干支にちなんだ馬肉づくしとズワイガニ、松阪牛…

印刷

   干支にちなんで馬刺しや馬肉のステーキの入ったイヌの豪華おせち料理が登場し、予約受付中という。干支など分かろうはずのないイヌに馬刺しとは…ウマが知ったら怒るだろう豪華おせち料理の製造元をリポーターの中山美香が取材した。

「一の重」「二の重」で1万円

   イヌのおせち料理は、まず「一の重」は国産馬肉の刺身、馬肉のステーキ、干したズワイガニの身、舌平目の旨煮。「二の重」はデコレーションケーキにカステラ、芋栗きんとん。お値段は1万円で、人間が食べる並のおせち料理よりはるかに豪華だ。別売として、松阪牛のそぼろ入り年越しそばとお雑煮のセットで1800円というのもある。

お父さんはコンビニ弁当

   製造販売しているのは三重県四日市市の店で、中山は「ワンちゃんやネコちゃんにここまでする必要があるんですか」と聞いてみると、現場責任者のSERI動物病院(動物病院の副業なのか?)チーフマネージャーの女性は、「家族の一員ということで年に1回、豪華に楽しく正月を一緒に迎えようという気持ちで作っています」と話す。「塩分、糖分、油分控えめにして、体に優しい調理をしています」ということである。

全国から予約注文殺到

   司会の加藤浩次「まあ、イヌが1万円のおせち料理食べて、お父さんがコンビニ弁当にならなきゃいいですけどね」

   森圭介アナ「そうなると切ないですね」。

   全国から予約注文が来ており人気だという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中