猪瀬5000万円「贈収賄」筋のいい汚職事件―徳洲会側に残っている物証

印刷

   猪瀬都知事が辞職を表明したが、個人的な借金なのか、選挙資金なのかで大騒ぎした不透明な5000万円受領問題はほとんど解明が進んでいない。そんななか、けさ20日(2013年12月)の「朝ズバッ!」では、知事の「贈収賄」疑惑も俎上にのぼった。知事が東電病院売却に絡み、取得を目指していた徳州会側から請託を受け、その見返りに5000万円の資金を受領したのではないかといったことである。

請託の場に何人もの目撃者

   実際に立件される可能性はあるのか。岩井奉信・日大教授によれば、こういう密会、金のやりとりなどは密室で証拠がないのが普通だが、今回は徳州会側に記録が残っていると見られるそうで、「いろんな人に話を聞くと、汚職事件としては非常に筋がいいんではないか」という。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中