田中将大「大リーグ年俸150億円超」!最有力はヤンキース6年契約

印刷

   プロ野球の楽天はきのう25日(2013年12月)、日米間の新たなポスティングシステム(入札制度)を容認することを決め、田中将大投手(25)に伝えた。大リーグへのGOサインだ。米球団の関心も高く、松坂大輔、ダルビッシュ有を上回る熱い交渉がはじまりそうだ。

新ポスティングで移籍金は松坂、ダルビッシュの半分

   田中に決定を伝えた球団の立花陽三社長は「新制度には多くの問題があるが、田中投手の7年間の貢献度の大きさと、それを一番に考えた三木谷(浩史)オーナーの決定が大きい」と語った。田中は「球団には感謝の気持ちでいっぱいです。ひとまず一歩進んだ」と話した。

凄いこと?

   仙台のファンは念願の日本一をもたらした田中がいなくなるのだから複雑だ。「おめでとう」「ちょっと寂しいかな」「いい夢をありがとう」「決まっちゃったね」から、「悲しい。涙が出ちゃう」(仙台の仮設住宅の82歳女性)までさまざまだ。

   新ポスティングは選手は複数の選択肢があるが、球団が提示する移籍金に約20億円の上限を設けたため、球団に入る金額はかつての松坂、ダルビッシュの半額以下になる。楽天はこれを不満として新システムに反対していた。

   司会の羽鳥慎一「楽天はビジネスより田中投手の夢の後押しを選択したということですね」

   高木美保(タレント)は、「これをもし阻止したら、会社に対する風当たりが…(笑い)。イメージとしても『応援します』っていうのがいいですよ」

   羽鳥「24勝0敗がいなくなる」

   高木「穴埋めできるんですかね。野球わかんないけど」

   解説で登場の元巨人の投手・角盈男は「24勝の穴埋めはまずできないでしょうね。しかも0敗ですから、3人くらいでカバーしないといけないが、 よくぞ決まった」

ロサンゼルス・ドジャース、ボストン・レッドソックス、シカゴ・カブスもマー君欲しい!

   ニューヨークの岡田豊支局長がアメリカ事情を伝える。ニューヨークの地元紙は楽天の決定を「メリー・ヤンクスマス」とクリスマスをもじって、「ヤンキース」へのプレゼントと伝える。ほかには、ロサンゼルス・ドジャース、ボストン・レッドソックス、シカゴ・カブスなど資金力のある球団が本気だと報じられているという。

   羽鳥「年俸はどのくらいになりそうですか」

   岡田「複数年契約で100億円を超えるともいわれています。ロサンゼルス・タイムズの記者は150億円を超えても驚かないといっていいました。ただ、ニューヨーク・タイムズがクギを刺しているんです。田中が失敗すれば、日本選手の評価は2流になると。田中には大きなプレッシャーですね」

   羽鳥「失敗しないだろうというので、150億円なんでしょう?」

   角「今年の成績を見るとそうですね。メジャーにはピッチャーいないですから。心配は使いすぎないか、体の方が…。球団には20億円しか入りませんが、その浮いた分は年俸に回るから100億円とかになる。彼は若いですから、金額より年数に注目で、最低でも6年になるのではないでしょうか」

   赤江珠緒キャスター「成功の鍵は何ですか」

   角「ストレスをためないことですね。英語の問題、家族の生活いろいろありますから」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「失敗したらなんて気にしないでやってほしいですよね。アメリカからどう評価されるかなんて関係ないですから。マー君個人として一生懸命やってほしい」

   いや、個人としてってわけにはいかないよ。彼の場合は東北を背負ってるん だから。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中