「靖国参拝」の安倍首相に「失望した」アメリカ異例の批判

印刷

   安倍首相が悲願の靖国神社参拝をきのう26日(2013年12月)、突然に敢行した。「朝ズバッ!」はこのオドロキのニュースに対して、あちらこちらの反応がひっきりなしに伝えられたが、その多くは予想されたものである。

   隣国が激怒し、国内の2紙が批判し、ある1紙は賞賛し、1紙が経済への影響を心配する。なんたらニュースではおそらく「ネットでは参拝支持が圧倒的!」「安倍首相への共感の声、続々!」「ネットで靖国参拝の報告、相次ぐ」などが伝えられていることであろう。

安倍首相も予想外

   そんななか、意外だったのはアメリカの反応だ。「安倍さん自身、アメリカ政府が(靖国参拝に)『失望した』とコメントしたのには驚いたんじゃないか」(与良正男・毎日新聞論説委員)

安倍さんも驚いた?

   なにしろ、安倍はアメリカとの関係改善、協力に励んできた首相が、世界の面前で恥をかかされたとは、国民にとっても大いなるオドロキだ。靖国参拝を批判したアメリカに対しては、大いに失望し反発すべきだろう反韓反中ブームに加え、来年は反米もリバイバルするかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中