2018年 9月 20日 (木)

ソチ五輪まであと1か月!フィギュア男女、ジャンプ女子含めて金メダル7個、計17個

印刷

   ロシア・ソチ五輪の開幕まであと1か月ほどと迫ってきたせいか、けさ7日(2013年1月)の「朝ズバッ!」は五輪の話題がてんこ盛りであった。やれプーチン大統領が現地を視察し、ほれ建設の遅れが言われてきた施設は間に合いそうで、日本はメダルざくざくの見込みで、「専門家」は金が取れる金が取れる金が取れるぞーと合唱する。

景気のいいメダル予想で選手奮起

   元フィギュアスケート選手の伊藤みどり、スポーツジャーナリストの二宮清純、スポーツ評論家の玉木正之らの「予想」を総合すれば、フィギュアスケートは男女ともに金が有力で、スキージャンプ女子では高梨沙羅の金が固い。そんなこんなで、冬季史上最高成績だった長野五輪の金5個、計10を上回る景気よい予想が続出した。

   金7個、計17個という予想をぶちあげた玉木は「選手を応援する意味では、『取ってほしい』『取れたらいいな』と、このくらいの数字を出すのは当たり前だと思いますよ」と、専門家らしい数字の根拠を話していた。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中