築地「まぐろ初競りバトル」もう止めた!ライバル撤退で「すしざんまい」736万円で落札

印刷

   きのう5日(2014年1月)の築地市場の初競りで、恒例のマグロの高値バトルは演じられなかった。昨年は1億5540万円というとんでもない値段が出たが、今年は736万円と20分の1。6年前のレベルに戻った。それでも、ご祝儀相場で通常の値段の2・5倍ほどだ。

青森・大間漁師「お年玉」「宝くじみたいなもん」

   初競りに並んだマグロは約1700本。最高値をつけたのは青森県大間で水揚げされた230キロもので、落札者は昨年と同じ「すしざんまい」だった。木村清社長は「730万円。いいマグロを買えて最高」と笑顔だった。

今年はいいことある

   大間では5日の競りに合わせて船は3日早朝に出る。4日の午前11時に出荷しないと間に合わない。それまでにどれだけの水揚げがあるかが勝負だ。今年も時間ぎりぎり、一番船が戻ったのが午前10時40分だったが、一番マグロはなんと318㌔もあった。300㌔超は3年ぶりだという。漁師たちも「ご祝儀だからね」「気合いが入る」「お年玉だ」「宝くじみたいなもんだ」といいながら期待はふくらむ。

   この数年、2つのすしチェーン「すしざんまい」と「板前寿司」の競り合って、08年の600万円台から900万円台、1600万円台、3200万円台、5600万円台と年々急騰し、昨年はとうとう1億5000万円になっていた。はたして今年はどうかとみな固唾を飲んだ。

   最高値は230キロものだった。競り値は大きさだけではなく、脂ののり、身の締まり具合など、さまざまな条件で決まる。318キロを揚げた漁師の泉学さんは競りを見ていたが、「しょうがないです。こればっかりは」といいながらも、「一番になってみたい」と落胆を隠せなかった。

「『モーニングバード!』見た」で中トロ1貫サービス

   今年は「板前寿司ジャパン」が最高値ねらいから手を引いた。中村桂社長は「意地の張り合いになっていて、市場を混乱させた責任も感じていました。僕たちが引かないと終わらないと思った」という。「これでよかった。ホッとしてる」

   「すしざんまい」の木村社長も「妥当なかたちになってよかった」と話し、例年通り、築地店の前で解体ショーをやってご機嫌だった。736万円のマグロは、大トロ1貫で約2000円程度になるが、これを通常通りの398円で出した。木村社長がスタジオに登場した。736万円のマグロの頭も持ち込んだ。

   赤江珠緒キャスターが昨年の金額を指して「今年もこれくらいは用意していたんですか」

   司会の羽鳥慎一「現金ですか」

   値段が落ち着いたことを木村社長は「みなさん自重して、元へ戻したいという声がありました。マネーゲームはよくない。ご迷惑をおかけしました」と頭を下げる。自分は自重しなかったが、結果をいただきというわけか。

   羽鳥「初競りでなかったら、このマグロはいくらくらいなんでしょう?」

   木村「2~300万円ということころかな」

   前田典子(モデル)「漁師さんは期待していたのに…」

   羽鳥「一番大きいのをあげた人はちょっとがっかりしてましたね」(笑い)

   スタジオで寿司職人が握った大トロを1貫パクリと食べてみんな幸せ。

   石原良純(タレント)「今年なんかいいことがありそう」

   「すしざんまい」は「お年玉」として、各店舗で先着20名に「モーニングバード!を見た」というと、中トロ1貫をサービスするそうだ。いやいや。ゴクロウサマ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中