「赤ん坊特権」図に乗るな!いや、親の態度次第

印刷

   高齢(独身)・少子化大国ニッポンにおける子供というのは、少々相反する存在のようだ。貴重なおクニのお宝として、国策的に蝶よ花よと育てられる一方で、偏見や嫌悪、憎悪を浴びせられる少数民族のようにも見える。

   子供や赤ん坊についての議論は尽きない。番組によれば、最近またまたまたネットで盛り上がってるそうだが、なにしろ奴らを電車や飛行機に乗せると、泣いたり、暴れたり、ベビーカーが邪魔で迷惑であり、はたまた乗るな乗らせるな――といった次第である。この調子で行けば、ヘイト集団が「赤ん坊特権を剥奪しろ!」などと騒いで回るのも、時間の問題だろう。

泣き止まなくてもあやしているふりで許される

   それはさておき、この問題がスタジオで取り上げられると、番組コメンテイターからは「泣いてるときの親の対応で、(泣き止ませるために)一生懸命やってる姿を示し、申し訳ないってところを見せれば済む」(野村修也弁護士)などと「親の気づかい」を求める意見が相次いだ。

   実際のところ、何をやっても赤ん坊が泣き止まないときがあることを親(とくに母親)は知っているが、それでも民族融和のためにはフリの努力をして見せ、謝罪が必要なようではある。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中