本田圭佑「ACミラン」デビュー!イタリア記者「よかった。ほとんどゴールしたようなもの」

印刷

   イタリア・セリエAの名門クラブACミランに移籍した本田圭佑選手は12日(現地時間2014年1月)、低迷中のチームはリーグ下位で降格圏のサッスオーロに敗れたが、本田はその試合に途中出場した。セリエAデビュー戦となった。

「日本人は諦めないとしていたが、彼は試合でその心を見せてくれた」

   「朝ズバッ!」はオンダのデビューから一夜明けた「地元の評価」を特集していた。ACミランを20年取材し、この試合の選手評を書いたというガゼッタ・デロ・スポルト紙記者は「本田はよかった。(おしいシュートを打ち)ほとんどゴールしたようなものだ。彼は会見で日本人は諦めないとしていたが、試合でその心を見せてくれた」と評価する。そのほか、おおむね好評だったとのくくりである。

早く結果を!

   その一方では、「(イタリアには)目の肥えたファンがいるし、目の肥えたマスコミは結果を出さないと手のひら返しますからね。はやく結果出してほしい」(井上貴博アナ)と、今後のマスコミの手のひら返しを警戒する向きも。

   この「朝ズバッ!」が目利きかどうかは別として、日本選手が海外でひとたび結果を出せばイヤというほど取り上げ、しばらく出さなければ存在しないがごとく忘れられるというのが、日本のテレビの典型的な取り扱い法である。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中