本田圭佑「ACミラン」デビューの日に引っ張った監督解任!心配になる今後の起用

印刷

   サッカーのイタリアの名門ACミランに移籍した本田圭佑が日本時間のきのう13日(2014年1月)デビューし、さっそく存在感を示した。辛口で知られるイタリアのスポーツ紙も高く評価し、今後の活躍が一層楽しみになった。

チームCEOが11位低迷に我慢できず「見るに耐えないパフォーマンス」

   サッスオーロとの対戦で後半20分、途中からの出場となったが、積極的なプレーでスタジアムを沸かせた。後半38分、得意の左足で放ったシュートはゴールポストを直撃、惜しくも初ゴールとはならなかった。試合は4対3で敗れたが、地元のスポーツ紙は「ケイスケは高い資質があり、冷静な選手だ」と高く評価し、アレグリ監督も「本田が入り、チームはよくなった」と合格点を与えた。

どうなるんだろう

   ところが、試合終了後、そのアレグリ監督の解任が発表された。メーンキャスターの小倉智昭が「せっかく本田が移ったのに、監督が変わるとどうなるのだろうね」と驚く。

   アナウンサーの田中大貴は「監督がほしくて取った選手の1人だと思うのですが、監督の評価について、地元でどういわれているかといいますと」と、ACミランCEOのバルバラ・ベルルスコーニさんの発言を紹介する。バルバラはイタリアの首相を務めたベルルスコーニ氏の娘さんだそうだ。

   「ファンのためにもきょうのような見るに耐えないパフォーマンスに我慢することはできませんでした」と厳しい評価を下している。現在11位の成績に黙っていられなかったのだろう。

新顔使いたがる新監督!本田の起用は増えそう

   この監督交代は本田にどんな影響をもたらすのか。元日本代表の武田修宏氏は「新しい監督は新しい選手を使う傾向があるので、本田選手にとってもチャンスになるのでは」と前向きにとらえている。

   小倉「そうか、自分の育てた選手がいないから、新しい選手を使う気持ちになるのかもしれないね」

   田中「とにかく次の試合が重要です。どこまでパフォーマンスを出せるか非常に注目されています」

   試合後の本田のコメントが注目されたが、何も語らず、報道陣の前を素通りしたのはちょっと残念だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中