「ロング・グッドバイ」ドラマ化 主演の浅野忠信「気合入れてます」

印刷

   米作家レイモンド・チャンドラーによるハードボイルド小説の名作「ロング・グッドバイ」がNHKでドラマ化されることとなり、俳優の浅野忠信(40)が主演を務めることが1月14日(2014年)にわかった。

   浅野は14日にさっそくツイッターで告知し、「気合入れてますのでよろしくお願いします」とアピールした。1950年代半ばの東京を舞台に、日本版フィリップ・マーロウとして探偵の増沢磐二を演じる。

   音楽を担当する大友良英もツイッターで番組を紹介。「主演は浅野忠信、脚本は渡辺あや、いや、これすごい脚本です」と話す。自身にとっても連続テレビ小説「あまちゃん」以降初の劇伴音楽制作になるといい、年末から取りかかっていることを明かした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中