東京都知事やっぱり凄い!豪州並みGDPのトップ、収入も首相の次、影響力は全国区

印刷

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)の「そもそも総研たまペディア」コーナーで、東京都知事とは何者かを考えた。平たく「どれくらいエライ?」とタイトルを振ったが、数字を調べ、カメラでルポ、インタビューと並べてみると、これは相当なものだと納得だ。

「東京都の経済力」メキシコや韓国よりも上

   都知事のエラさを測る物差しを玉川は「お金」「住居」「パワー」の3つとした。まずお金だが、東京都の財政・経済規模は凄い。予算が12兆838億円、GDPが91兆1390億円で、ともに国の5分の1くらいを占める。このGDPを各国のランキング(2010年)と比較すると、1位アメリカが14兆ドル台、2位の中国と3位の日本が5兆ドル台、4位のドイツが3兆ドル台と続くのだが、東京都のGDPのドル換算は1兆635億ドルで、13位のオーストラリアの次だ。14位のメキシコ、15位の韓国よりも上である。

偉いんですねえ

   次に給料だ。総理大臣をはじめとする国の公務員、議員のランクをみると、1年間務めた場合の給料・ボーナス・退職金の合計は、トップが最高裁長官で約4402万円、次が総理大臣の約4030万円、衆参議長の約3532万円、最高裁判事の約3210万円、官房長官・国務大臣・人事院総裁・ 会計検査院長の2939万円と続く。国会議員は約2106万円で、内閣法制局長官、宮内庁長官より下である。で、都知事はどのあたりか。

   玉川「どのくらいだと思いますか。知事の中ではトップです」

   司会の羽鳥慎一「ダントツですか。神奈川とどれくらい違うんだろ」(大笑い)

   高木美保(タレント)「国務大臣クラスじゃないかしら」

   羽鳥「いや、大臣より上なんじゃないですか」

   答えは総理大臣に次ぐ3番目。約3749万円だという。衆参議長より上だ。

   玉川「退職金の計算が月ごとなので高くなるんです。小泉さんが5年半総理大臣をやって600万円ちょっと。東京都知事を1年やると1000万円くらいもらえる」

   松尾貴史(タレント)「権限もあるから高い。親切な人からお金を借りたりもらったりしないように」

地方交付金や補助金必要としない豊かな財政力

   住居は渋谷・松濤に都知事公館があって、青島幸男元知事が1年半住んだだけで、以後使われていない。売りに出しても買い手がない。むしろ、比較で出てきた内閣法制局長官の公邸がすごかったが、それはおくとしよう。

   最後が権力だ。元鳥取県知事の片山善博氏に聞いた。片山は「首都、経済力、人口からいって、その長の発言は国政にも自治体にも影響力がある」という。東京の財政力は地方交付金や補助金も要らない、国に気をつかわなくていい。「田舎知事は思い悩みますよ。鳥取の悲哀を感じた」と苦笑している。

   今回、争点になる原発問題でも「東京都知事がリーダーシップをとって、たとえば自然再生エネルギー推進をやろうといったら、大きな力になりますよ」と片山は言う。「脱原発は、原発立地の自治体は別として、共感が全国に広がるでしょう」

   松尾「だからこの選挙は国民の意思表示の意味も大きい」

   高木「ホントにオレは偉いんだと思ってる人には、なってもらいたくないですけどね」

   玉川「一生懸命考えて投票にいきましょう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中