直木賞・姫野カオルコ「私のはベストジャージスト賞」どこ行くのもジャージに首タオル

印刷

   第150回の芥川賞、直木賞の受賞者がきのう16日(2014年1月)に発表された。直木賞は「昭和の犬」の姫野カオルコさん(55)と「恋歌」の朝井まかてさん(54)、芥川賞は「穴」の小山田浩子さん(30)で、前回に続いて全員女性だった。

受賞会見も「ジムから直行です」黄緑色のシャツに黒の上下ジャージ、タオル…

   「ニュースアップ!」コーナーでこれを伝える小松靖アナが妙な黒いジャンパーを羽織って、首にタオルを巻いて現れた。司会の羽鳥慎一が「すでにニュースを見た人はあなたのその格好の意味がわかるわけですね?」と突っ込み、小松は「そうです」。発表の場に現れた姫野さんはなんとジャージにタオルという格好だったのだ。直前までスポーツジムにいて、そのまま直行したのだった。ジムでは「鍛えてるわけじゃなくて、踊ってるんです。動いてワーッとなった勢いで書くんですね」

みんな自由ですね

   独特の切り口で女性を描いて人気があった。5回目のノミネートで受賞したのだが、受賞作は一転して犬と家族の記憶をたどった静かな作品だ。選考委員の浅田次郎氏は「直木賞がねじ伏せられた」と絶賛したという。

   朝井さんは46歳のときに大阪の文学学校の夜間コースに通ったという異色だ。「50歳を前にギアチェンジした」と夫の原田憲久さん(52)はいう。若いときから小説を書きたいと思っていたが、「初めての候補だったから、まさか、まさか、まさかで」という。

芥川賞の小山田浩子は新米ママ…受賞の電話も自宅でむずる赤ちゃんあやしながら

   芥川賞の小山田さんは会場に姿を見せず、会見は電話だった。「私事で恐縮ですが、生後3か月の娘がおりまして、受賞が決まった電話をいただいてから、今までずっと泣いておりまして」という次第だった。

   2010年に作家デビュー。受賞作「穴」は奇妙な獣に導かれて穴に落ちた女性が不思議な体験をする物語だ。結婚して出産したばかリ。「初めての出産で、そのことでいまいっぱいいっぱいになっておりまして、いつになるかわからないですが、きちんと小説を書いて楽しみたいなと」

   羽鳥「(朝井)まかてさんって、面白い名前ですね」

   小松「おばあちゃんのお名前をペンネームにしたのだそうです。異例だったのはジャージ姿で、ジムから飛んで来た」

   羽鳥「汗とか大丈夫だったんですかね。アッ、そんな心配はどうでもいいんですね」

   小松「週に6日行ってるので、大変だと話してました」

   なんでも、先日の文芸春秋の対談にもジャージだったとかで、「ベストジャージスト賞作家です」と笑わせていた。

   羽鳥「芥川賞、直木賞って遠い印象ですが、身近というか、飾らない人たちだなと」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「われわれ凡人とは違う何かを垣間みたような」

   吉永みち子(作家)「女の人たちってすごく自由だなと感じますね。この賞は権威なんですが、その発表の日に、普通だったらまあジムは行かないね(笑い)。お家でじーっと待っているのが今までだったんだけど…。精神の自由を感じさせます」

   羽鳥「この映像みて、何の発表でしょうって。直木賞とはわからない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中